写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GEヘルスケア・ジャパンは6月15日、整形外科開業医への超音波診断普及を目的とした小型携帯超音波診断装置「Venue 50シリーズ」の新機種として、超音波診断装置「Venue 50 Musculoskeletal」を7月1日に発売すると発表した。日本国内での販売はアルケアが行う。

同装置は、整形外科医の迅速な診断や、超音波ガイド下インターベンションの手技をサポートする機能を搭載した整形外科医向けの超音波診断装置。フルタッチパネルの採用により、超音波装置初心者やライトユーザーでも直感的な操作が可能となり、また「Needle Recognition機能」や「eSmart Trainer Japan edition機能」といった医師の的確な手技やスキャンをサポートする機能が搭載されている。また、一般的に1分以上かかる装置の起動時間が16秒と短いのも特長。

同社によると、整形外科クリニックにおける超音波診断装置普及率は、現在30%台だという。同社は、業界アクセスに強いアルケアとの協業により、整形外科領域における超音波診断装置の普及向上を目指していくとしている。

(周藤瞳美)