サンマ、ステーキ、ふかひれスープ! 「東北風土マラソン2016」のエイドフードが嬉しすぎる 【体験レポ】

写真拡大


4月24日(日)に宮城県登米市で開催された「東北風土マラソン2016」。エイドはご当地グルメが食べられたり、お酒や食を楽しめるフェスティバルが同時開催されていたり。さらには仮装にテーマを設けて表彰するなど、非常にユニークなファンランレースとして人気を集めています。例年以上の参加者を集めた本大会は、天気にも恵まれ大盛況。今回「フルマラソンの部」へ出走してきましたので、その模様をご覧ください。

皇居コースとココが違う! 「駒沢公園」ランニングコースがおすすめな理由

エイドで食べられるグルメの数々

東北風土マラソンの楽しみと言えば、やはりエイドで振る舞われるご当地グルメ。サンマやステーキ、はっと汁、ふかひれスープ、あかもく…。エイドが見えるたびに「次は何が食べられるんだろう?」とワクワクしてきます。

実際に食べられたご当地グルメの数々には、「笹かまぼこ」や「ふかひれスープ」など、いろんなものがありました。

さらに嬉しいのが、フルマラソン出場者のみが走る“2周目用”のグルメ。同じ場所を2周回するコースながら、2周目に入ると、エイドで食べられるグルメが入れ替わるのです。「周回コースは飽きてしまう」という方でも、エイドを楽しみに走り切ることができるでしょう。

長沼を囲む清々しいコース

メイン会場は「長沼フートピア公園」。広々とした敷地で、子供向けの遊具なども設けられています。これなら家族連れで訪れても、レース中に家族が退屈することはなさそう。そんな緑あふれる公園からスタートし、ランナーは長沼の周りをぐるりと回ります。

まさにランニング日和な晴天で、視界の開けたコースは走っていて清々しい!足元はきれいに整えられており、非常に走りやすくなっていました。

なんと、ランニングコースの、すぐそこには牛の姿も。ゆったり過ごす牛を見ていたら、なんとも心がほっこりしてきました。普段あまりこうしたシーンに巡り合わないので、ちょっとした観光気分です。緑に囲まれたコースは、走っていて清々しい気分にさせてくれます。

急勾配ではありませんが、コース上には細かなアップダウンもあります。走っていくうちにジワジワと疲労が溜まり、なかなか走りごたえのあるコースでした。ファンランでありつつ、シリアスランナーまで楽しませてくれます。

走らなくても楽しめるフェスティバル

会場ではマラソン大会のほか、「登米フードフェスティバル」「東北日本酒フェスティバル」が同時開催!その名の通り、登米の美味しいグルメと、東北の誇る日本酒が堪能できるイベントです。ランナーだけでなく一般向けに開催されているので、もちろん誰でも訪れることが可能。大会の開催中でも、美味しい料理&お酒を楽しむ方々の姿がたくさん見られました。

日本酒だけでなくビールも人気。ジュース等も販売されており、

「日本酒はちょっと苦手・・・」

という方にも優しいイベントです。

もちろん、走り終えたランナーもチラホラ。完走者には、5回まで無料で日本酒が飲める「利酒券」もプレゼントされます。応援に駆けつけた家族や仲間と、地元の料理・お酒で打ち上げ!なんていうのも良いですね。

食べ物だけでなく、仮装ランナーを見るのも楽しいかもしれません。仮装賞が設けられているだけあり、かなり多くの仮装ランナーが参加していました。中には気合いの入った手作り仮装に身を包んだランナーもおり、なかなか面白い光景です。

ランナーだけでなく、応援の方々まで誰もが楽しむことのできる「東北風土マラソン」。会場を訪れた方々にとって、とても満足度の高いイベントとなったのではないでしょうか。昨年に比べて参加ランナーが増えたようですが、来年もさらなる盛り上がりが期待できそうです。