【血液型の長所&短所】AB型は発想力抜群だが、つかみどころがなく謎

写真拡大

――血液型は性格やコミュニケーションに影響を与えていると言われています。血液型の長所と短所がわかれば、自分を知るきっかけになり、円滑な人間関係を作る手がかりとなるでしょう。

【血液型の長所&短所】バックナンバーはこちら

<最終回 AB型>

■AB型の長所……独自の発想力
 美意識の高いAB型。新しいものが大好きで、知的好奇心も旺盛なタイプ。個性的で、洗練されたアイデアや作品を生み出す発想力の持ち主です。人よりも一歩先をいきたい思いが強く、単独で行動することも多いでしょう。さらに、鋭い観察眼があり、友達や仕事仲間など、細部にいたるまで、注意深く見ています。相手の言葉が本音か、そうでないのか……察知する能力にも優れているでしょう。

■AB型の短所……つかみどころがない
 AB型と仲よく話していたのに、急に、批判的なことを言われた。友達なのに、なかなか個人情報を教えてくれない……など、AB型はつかみどころがない人と思われています。自分でも、本当は何をしたいのか、どうしたいのか、わからなくなるときがあるでしょう。AB型は二面性があり、複雑な心理を持っています。さらに、ポーカーフェイスなため、周囲の人から、つかみどころがないと思われてしまいがちです。

■そんなAB型が人と上手に付き合うには……
 AB型は頭の回転が速く、多角的に物ごとを見るので、どんな相手でもわけへだてなく付き合うことができます。しかし、べったりしたお付き合いは苦手。人間関係が濃い環境にいると、ストレスがたまっていきます。無理して付き合う必要はありませんが、批判的ないい方はしない。論理的に矛盾を感じる話でも、すぐに否定はしないなど、心に寄り添う対応を心がければ、良好な関係が築けるでしょう。

 日本だけでなく、世界的でも少数派のAB型。最も新しい血液型であり、未来への可能性を秘めたキャラクターであることは間違いなし! ぜひ、個性を活かして、独創的な世界を作っていきましょう。
(金森藍加)