12日、中国のあるネットユーザーの中国版ツイッター・微博への投稿が興味深い。資料写真。

写真拡大

2016年6月12日、中国のあるネットユーザーの中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への投稿が興味深い。

中国のメディアやネット上では、よく自国の教育と日本の教育を比較して論じることがある。たいていは、中国の教育は「単なる受験のための教育だ」とか、「知識を詰め込むだけの教育だ」という評価なのに対して、日本の教育は「生活していく術を学ぶものだ」といった論調が多い。このほかにも、たとえばマナーの問題などで比較することもよくあり、その時に必ず指摘されるのが、「子どものころから(マナーを)教育しているから」という点だ。

先日、中国のあるネットユーザーがホテルのフロント前で撮影した写真を掲載した。そこには、小学生くらいの子どもが1列に並んで、フロントのスタッフに頭を下げている様子が写っている。このユーザーいわく、小学生らはサッカーチームで、前日にやや騒がしくしてしまったことから、引率の先生(あるいはコーチ?)に促されて、迷惑をかけたことへの謝罪と、滞在期間中にお世話になったことへの感謝の言葉を述べていたのだという。これについてユーザーは「教育とは本当に物事の基礎だ」と感想をつづっている。

この光景に、ほかのネットユーザーからは「これが素養というものだ。中国の教育の道のりはまだ長い」「素養やマナーは小さいころから教育しないといけない」「日本人でも中国人でも騒いでしまうことはある。でも、その後どうするかこそが“差”なんだ」などのコメントが寄せられた。中国のネット上でも自国民のマナー違反に厳しい批判が寄せられるようになったが、これがさらに良い方向へ向かうことを期待したい。(翻訳・編集/北田)