LA発「ウマミ バーガー(UMAMI BURGER)」日本上陸、人気ハンバーガーが首都圏に

写真拡大

ロサンゼルス発の人気ハンバーガーレストラン「ウマミ バーガー(UMAMI BURGER)」が日本上陸。2016年秋冬に1号店を関東圏にオープンする予定。

[ この記事の画像をもっと見る ]

ウマミバーガーは、2009年に創業者アダム・フライシュマンが1店舗目を出店以来、アメリカで24店舗にまで拡大。”UMAMI”とは、もともと日本語の”旨味”からの由来で、日本の科学者が提唱した第5の味覚”旨味”に着目。それを”最大限に引き出す調理法を確立して作るハンバーガー”ということから名付けられた。

タイム誌の「史上、最も影響力のある17のバーガー」にも選出されたことがあるウマミ バーガー。食材は、牛肉、チーズ、トマト、マッシュルームなど旨味が多く含まれるものを使用。旨味を引き出すため、昆布や醤油、ホイセン、干しキノコなどを調合して作る「UMAMI マスターソース」と「UMAMI ダスト」を合わせる。

パテは、アメリカ産ブランド牛、高級ステーキハウスで提供される良質なものを、各店舗で毎日独自のブレンド肉を粗挽きにし、手捏ねしたもの。基本の焼き加減はミディアムレアだが、オーダーすると好みの肉の焼き加減にしてくれる。バンズにも旨味成分豊富な牛乳を多く使用。ちょっぴり甘くふっくらモチモチ感のあるポルトガル風だそうだ。バンズの頭の部分にはUの文字がエンボスされる。

サイドメニューは「シーザーサラダ」や「ビーツサラダ」等のサラダメニューがある他、味付けされた「ポテトフライ」や「オニオンリング」など。デザートには、小さめのバンズにアイスを挟んだ「アイス スライダー」がおススメ。

ドリンクは独自カクテルやクラフトビール、ワインなど。ノンアルコールでは、レモネードやアイスティー、また、甘味料に人工甘味料を使用せず砂糖のみを使用した「リアルシュガー ペプシ」や「リアルシュガー マウンテンデュー」を用意する。

店内のデザインやサービスなども、日本のカルチャーからインスパイアされているのも特徴。木調で木がふんだんに使われたオーガニックな雰囲気、中には日本刀や武士のオブジェで飾られた店舗もある。

ウマミバーガーは、2020年までに全国約10店舗を展開する予定だという。