親が食べものを与えてしまう傾向も……(shutterstock.com)

写真拡大

 親が「子どもの体重」に対していだく印象(=認識)と、その実状の間には微妙にして複雑な隔たりが存在するようだ。

 過日、スウェーデンで開催された「欧州肥満サミット」で、興味ぶかい2つの報告が行なわれた。その似て非なる研究成果を紹介しよう。

 いずれも児童の肥満問題に取り組んだもので、ひとつめは着手時点で「4~5歳」だったオーストラリアの小児3500人強を対象に解析を行なった研究だ。

 内訳は、小児らの75%以上が「適正体重」で、「過体重〜肥満」の子が20%近くいたという。

 一方、じぶんの子どもが「過体重である」と認識している親の比率も、20%に過ぎない実態も解析で明かされた。

 そこで、注目すべきなのは、(それが正しい認識かどうかは別として)親が子どもの体重をそれなりに意識している家庭同士でも、子どもへの接し方次第で"差"が生じるという意外な結果だ。

 具体的にはこうだ。親から「わが子は過体重だ」と思われている子ども群と、親が「ウチの子は適正体重だ」と思っている子ども群とを較べると、<13歳までの体重増加幅>において、前者が明らかに大きいことがわかった。

「太り過ぎ」の警告が過食に走らせる?

 その結果について、研究著者である英国・リバプール大学のEric Robinson氏はこう語る。

 「世間の一般的な印象からすれば、わが子を"過体重"と認識している親のほうが(策を講じるなどして)体重増加を阻止できると考えがちだ。ところが現実はその反対で、阻止するどころか、そんな親のほうがかえって太らせてしまう可能性が読み取れた」

 ふだんからわが子の過体重を気にかけている親の場合、なにげない会話の際にも「肥満気味」や「太り過ぎ」などの警告的な表現を差し挟みがちではないだろうか。

 Eric氏らによれば、こういう言葉こそ逆効果、子どもが「過食」に走る原因になりかねないのだとか。あるいは、身びいきな同情心の裏返しなのか、わが子を「慰める手段」としてむしろ親のほうから食べものを与えてしまう傾向もあるという。

 「このての報告は従来から多く寄せられているが、それらと今回の研究の関連性については今後の課題」(Eric氏)。

 彼らの興味深い知見は、5月31日の『Pediatrics』(オンライン版)にも掲載されて耳目を集めている。
「肥満」「肥満ぎみ」が家族の多数を占めると......

 もう一方の研究は、オランダの5~6歳の小児2800人強を対象に行なわれた。結果、小児らの親のうち、約4割の層が「わが子の体重」をおおむね正しく推定できたという。

 ところが「過体重または肥満」の子をもつ親の82%は、その体重数値を過小評価している実態も判明した。

 さらに、家族の<半数以上>が過体重や肥満気味である家庭と、<半数未満>の家庭とを較べた場合も、前者の親のほうが、子どもの肥満を過小評価している傾向が高かった。

富裕層は子どもの肥満を正しく認識

 貧富の違いに表われた肥満小児の割合も興味ぶかい。

 貧困家庭層の肥満児が16%に対し、富裕層は11%と、肥満率が親の社会経済的状況によっても左右される。加えて子どもの「肥満」を正しく認識できている親の割合も、3分の1を占めた富裕層に対し、貧困層の親たちの認識率は20%に過ぎなかった。

 研究に臨んだフローニンゲン大学医療センター(オランダ)のGrietje Lijkleme氏らはいう。

 「過体重の子どもを正しく認識するという点において、富裕層が優れている傾向は判明した。しかし全体的にみれば、親がそれを正しく認識できているかどうかは、家族に占める過体重者の割合に影響しているようだ」

 日本の場合、文部科学省が発表した『学校保健統計調査速報』(平成25年度)によれば、平成18年以降減少傾向にあった「肥満傾向児」は同23年度からは横ばい状態をみせている。

 この時点で、肥満傾向の子どもの割合は「東北地方」が従来比で高く、男女比では男子の割合が女子よりも高かった。
 
 最近では、大人と同じ肥満が原因の「小児生活習慣病」という言葉も生まれている。

 子どもの場合、厄介なのは、乳幼児期・幼児期・児童期と、その時々の成長ぶりに応じたスケールを用いる必要がある。

 大人の尺度は流用できないため、成長に応じた客観的な適性値を把握しなければならない。お子さんのいる家庭では、ふだんから気にかけておられるだろうか?
(文=編集部)