お互い尊重しあう選手妻も(三浦りさ子公式ブログより)

写真拡大

 勝負の世界で生きるトップアスリートにとって、家に帰ったときだけが心身ともに安らぐ唯一の時間となる。その大事な時間を支えるのが妻だ。妻のサポートの良し悪しがアスリートの成績に大きな影響を与えることは少なくない。ヤンキースの田中将大の妻・里田まいは田中の栄養を考えた料理を日々作り、ドジャース・前田健太の妻・元東海テレビアナの成嶋早穂も偏食の前田のために様々な配慮をしている。
 
 こうした妻の支えもあり、アスリートが活躍できている側面もあるが、順風満帆のカップルばかりではない。「苦戦中」の筆頭と言われているのがソフトバンクの松坂大輔だ。現在、元日テレアナの妻・柴田倫世とは日米別居中である。

「松坂は昨シーズン3年12億円という超大型契約で日本球界復帰を果たした。しかし、2年目を迎えても、いまだ一軍登板はなし。でも、子育てのためにと米国に残った柴田さんは、帰国して夫を支える気はサラサラない」(ソフトバンク関係者)

◆子供のお受験が優先

 13歳年下のジョッキー・三浦皇成とデキ婚したグラビアアイドルのほしのあきも子育て優先だという。

「長女のお受験準備のために東京と茨城で別居中です。ほしのさんは東京の実家で母親の世話になりながら暮らしている。三浦騎手は『子供に会いたい』って、いつも嘆いている」(競馬紙記者)

 武豊の新人年間最多勝記録を塗り替えた競馬界の新星と年上グラドルとの恋には、交際当初から批判の声は多かった。さらに2012年には、ほしのにステマ問題(※)が勃発するなど、三浦のイメージは下がる一方。成績も一年目を超えた年がなく低迷を続けている。

【※ほしのが買ってもいない商品をオークションで格安に入手したと装ってブログで虚偽の宣伝をして問題となった】

 リオ五輪出場を逃した男子バレー日本代表のキャプテン・清水邦広(パナソニック・パンサーズ)も妻のサポートは少ないという。清水の妻は歌手の中島美嘉。五輪最終予選中、彼女が会場で応援する姿は幾度もテレビに映し出されていたが、普段は清水が所属チームの本拠地・大阪、中島が東京で別居生活を送っている。音楽関係者が声を潜める。

「彼女は親しい人に『旦那と会うのは月2回ぐらい。だからいまもラブラブ』と惚気ているが、周囲はご主人は一人で大変だろうな……という思いが強い」

 別居しながらもお互いを尊重し合う夫婦もいる。三浦知良・りさ子夫妻だ。

「現役Jリーガー最高齢のカズは、人一倍コンディショニングに気を使っていて、食事などにもこだわりがある。自宅には育ち盛りの子供がいますし、りさ子さんもモデル業で忙しいため、離れて暮らしている」(前出・サッカー誌記者)

 DeNAの林昌範投手の妻で元テレビ東京アナウンサーの亀井京子は話す。

「アスリートはどんな競技でも孤独なところがある。しかも意外とガラスのハートの選手が少なくない。外では叩かれることが多いですから、せめて家の中ではいちばんの理解者として、『大丈夫!』と言ってあげることが重要だと思います。これは奥さんにしかできない仕事ですから」

 いつまでも「アモーレ」気分ではやっていけない、お気軽な仕事ではなさそうだ。

※週刊ポスト2016年6月24日号