ミレニアル世代が働きたい企業、トップは3M グーグル超える人気ぶり

写真拡大

優秀なミレニアル世代に人気の就職先はどこだろうか?全米優等生協会(NSHSS)がこのほど行った調査の結果、上位25社が明らかになった。

1位はミネソタ州に拠点を置くコングロマリットの3M。初のランキング入りでの首位となった。前回トップのグーグルは2位だった。NSHSSは3Mの人気の高さに驚きをみせる一方で、若い世代の間での知名度の向上を図ってきた同社の努力が功を奏したものと説明している。

3Mは「生活に応用される科学」と題したキャンペーンを展開。多くの若者たちから注目を集めていた。今回の調査で特に人気が高かった業種は医療・健康と科学。NSHSSのべス・パン副理事長によれば、「STEM(科学、技術、工学、数学)分野に関心がある生徒のうち、30%が科学分野、21%がテクノロジー・工学の分野(3Mの事業分野)に進みたいと考えている」という。

回答者が最も好意的にみている企業は「従業員を公正に扱う企業」(73.1%)、次いで「社会的責任を果たしている企業」(46.6%)だった。また、回答者の70%は「柔軟な勤務時間」が最も重要と答えており、「基本給を最も重視する」と答えた人は、46%にとどまった。

NSHSSのジェームズ・ルイス理事長は、「彼らは誰もいない家に帰る生活の中で育ってきた」と指摘。両親が勤務先の企業の成長のために多くのエネルギーを注ぐ姿を目にしてきた影響があるとの見方を示した。

このほか、今回の調査ではバイリンガルの増加(約40%)が目立った。そのほか回答者のうち23%以上は、親族の中に他に大学に進学した人はいないと答えている。

調査結果は、49の質問からなるアンケートの結果をまとめたもの。15〜32歳の1万3,000人を対象に今年4月に実施。バージニア州のハノーバー・リサーチが分析した。NSHSSの会員に占める女性の割合が高いことから、回答者も女性が大半を占めている。

アンケートでは、200社の企業名を記載したリストから働きたい企業を選んでもらった。リストには、フォーチュン誌が選ぶ「理想の職場トップ100」に選ばれた100社、ダイバーシティインク誌の「ダイバーシティ・トップ50」に挙げられている50社、フォーチュン500企業と過去の調査の自由回答で名前が挙げられた企業が含まれる。

2016年ミレニアル・キャリア調査の結果、希望する就職先に挙げられた企業は以下のとおり。

1位 3M(コングロマリット)
2位 グーグル(IT)
3位 セント・ジュード小児研究病院(病院)
4位 ウォルト・ディズニー・カンパニー(娯楽)
5位 各地(地元)の病院
6位 連邦捜査局(FBI)
7位 バズフィード(IT)
8位 アップル(IT)
9位 中央情報局(CIA、連邦政府機関)
10位 アマゾン(小売)
11位 アトランタ小児病院(病院)
12位 ヘルスケア・サービス・コープ(保険)
13位 メイヨー・クリニック(病院)
14位 マイクロソフト(IT)
15位 ナイキ(スポーツ用品)
16位 国務省(連邦政府機関)
17位 ユニバーサル・スタジオ(娯楽)
18位 ネットフリックス(メディア)
19位 ドリームワークス・アニメーションSKG(映画制作)
20位 ニューヨーク・タイムズ(新聞)
21位 ボーイング(航空宇宙)
22位 国家安全保障局(NSA、連邦政府機関)
23位 アバクロンビー&フィッチ(衣料品)
24位 ブルークロス・ブルーシールド協会(非営利民間保険)
25位 サムスン(コングロマリット)

NSHSSはダイナマイトの発明で富を築き、ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベルの親族であるジェームズ・ルイス、クラウス・ノーベルが2002年にアトランタで創設した協会。