日本人は真面目であるというイメージを持つ外国人は多い。これは中国でも同様であり、日本人は真面目で時間を守る国民性であると認識している中国人は少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人は真面目であるというイメージを持つ外国人は多い。これは中国でも同様であり、日本人は真面目で時間を守る国民性であると認識している中国人は少なくない。

 だが、中国メディアの騰訊はこのほど、「日本人は本当に中国人が思うほど真面目で真摯な国民か」と疑問を投げかける記事を掲載、日本人が真面目に見える理由について考察した。

 記事は、日本で生活した経験を持つ中国人の見解として、日本では「ミスをすること」は深刻な事態を意味するとし、「日本人が真面目で真摯に見えるのは、日本人が責任を負わされるのを嫌うため」であると主張した。

 中国では戦に敗れ、相手方に投降した後に立身出世した人物は数多く存在するとしながらも、戦に敗れたら「切腹」するのが日本であると指摘。さらに日本人は「名誉」を重視するため、失敗は人生の汚点となってしまうと主張、敗北や失敗、ミスに対する考え方が日本と中国とでは異なると論じた。

 日本人は失敗することを嫌うと同時に、他人に迷惑をかけることも嫌い、さらに名誉を重んじる国民性だからこそ、日本のサービスは非常に周到であり、各種制度も完備されているのと主張。サービスや制度に落ち度があり、名誉が傷つけられたり、誰かに迷惑をかける結果となった場合、個人では責任を負いきれないからこそ、日本人は真面目に真摯に働くのではないかと考察した。

 記事の主張は、日本人の真面目さは「責任を負わされること」という外部要因によるものという内容であり、必ずしも間違っているわけではないだろう。日本人やドイツ人は世界的に真面目だと評価されるが、どういう要因であろうと、この国民性がずっと失われないよう望むばかりだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)