「ブリジット・ジョーンズの日記」11年ぶり新作、日本では10月公開へ。

写真拡大

恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサ―大人女子を描き、世界中の女性の心を掴んだ映画「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ。その11年ぶりとなるシリーズ第3弾「Bridget Jones's Baby(原題)」の邦題が「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」に決まり、10月より日本で公開される運びとなった。

再びブリジット・ジョーンズを演じるのは、おなじみのレニー・ゼルウィガー。イケメンな恋のお相手ダーシー役には前作に引き続きコリン・ファース。そして今回、新たにこれまでにない高スペックのナイスガイで、ダーシーの恋のライバル・ジャック役にドラマ「グレイズ・アナトミー」で女性ファンを増やしたパトリック・デンプシーが参戦、さらにはアカデミー賞を受賞したエマ・トンプソンも出演する。

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。彼女が愛した男はといえば、なんとダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚してしまっていた。しかし今やテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットにハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。またしても2人の男性に揺れ動くことに……2人のイケメン男性どちらを選ぶのか? 今度こそ結婚となるのだろうか?

さらにこのたび、日本公開決定と合わせて場面写真が解禁となった、iPadを抱え微笑むレニ―・ゼルウィガーのワンカット。どうやら、今までトレードマークになっていた“日記帳”が“iPad”へと11年の時を経て進化している模様だ。

映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」は10月、全国ロードショー。