『L-エル-』に単独主演する広瀬アリス (C) 2016映画「L-エル-」製作委員会

写真拡大

広瀬アリスが、絶大な人気を誇るロックアーティスト「Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)」が昨年リリースした4枚目のアルバム「L-エル-」を原作とした映画で単独主演することがわかった。

[動画]広瀬アリス、広瀬すず、男子高校生からの熱いラブコールにヘンな汗

原作となるアルバム「L-エル-」は、愛を探し求め続けた1人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を綴った物語とAcid Black Cherryの音楽が絡み合う壮大なコンセプトアルバム。「CDショップ大賞2016」の入賞作品に選出され、総計20万枚以上のセールスを記録。アルバムのみならず、昨年秋には物語部分が書籍化され5刷されるなどミュージックシーンでも異例の展開をみせてきた。

そんな「L-エル-」の哀しくも美しいファンタジックな世界観が、最新映像技術を駆使して完全映画化。撮影は2016年5月下旬にクランクアップしており、広瀬はエル役として、あどけない15歳の少女時代から老婆姿まで、悲哀と波乱に満ちた女の人生を見事に演じきった。

「Acid Black Cherryさんの音楽は兄が大好きでよく話を聞いていました」という広瀬は「アルバム『L-エル-』を聴いてみて、世の中にはたくさん良い音楽があるのだと感じました。そんな中、偶然にも映画のお話を頂き、一番喜んでくれたのも兄でした」と話すと、作品について「衣装やメイク、全てが今の時代ではないのでとても独特な世界観になっていて、しっかりとエルという女の子の人生を一緒に歩めました。彼女のジェットコースターのような壮絶な人生と、物語の世界観を存分に楽しめる作品だと思います」とコメント。

一方、Acid Black Cherryのyasuは「『L-エル-』のことを気に入ってくれた東宝のプロデューサーさんが、『ぜひ、このコンセプトアルバムを映画にしたいんです』と声をかけてくださいました」と映画化のきっかけについて明かすと、「難産だった『L-エル-』という作品がこんなふうに誰かの心に届き、新しいプロジェクトが動き出していくのを見ると、『L-エル-』もいつのまにか立派に巣立っていったんだな、と感じます。『L-エル-』の産みの親は確かにAcid Black Cherryですが、僕、そしてABCスタッフの手元を離れて、東宝さんや監督の下山さん、主演の広瀬アリスさんの元で今度はどんなふうに育っていくのか、僕も今から楽しみにしています」と話している。

『L-エル-』は今秋、全国公開となる。

【関連記事】
[動画]広瀬アリス、妹すずと似てきたとの指摘に「かるた取る姿がそっくり」
林遣都、広瀬アリス、金子ノブアキらがゾンビメイクで座談会!
橋本愛のぶっちゃけトークに広瀬アリス「ちょっと待って!」と異議申し立て!
栗原類の雄叫びに川口春奈、広瀬アリスら美少女たちが微妙な反応/『絶叫学級』完成披露