バレバレですよ…!「職場恋愛カップル」のウンザリされるNG行為

写真拡大

出会いのきっかけが「同じ職場」であることは、多々あるパターン。

拘束時間の長い職場であれば、なかなか外での出会いもなく、そうなると自然と身近な相手に目がいき、結果職場恋愛へと発展するケースに……。

そこには、普通のカップルでは味わえない、秘密を共有するドキドキ感やスリルがあるもの。

そしてその分お互いの気持ちを燃え上がらせる……なんてことも。

しかし、それは当事者同士だけの楽しみであり、周りは戸惑いや面倒を感じることが多いようです。

恋愛によって、職場での評価を下げてしまうのは、お互いのことを考えると決してよいこととは言えません。

そこで今回は、“職場恋愛カップルが周りにうんざりされる”NG行為についてご紹介したいと思います。

■1:態度が感情的で波がある

見るからにイチイチャしていたかと思えば、数時間後にはお互い目も合わさないような険悪なムードになっていたり……。

そんなただならぬ雰囲気に周りも自然とふたりの関係を勘づくものです。

しかし、職場においてあからさまに感情的な態度を取るのは、周りも迷惑。

うまくいっている時とうまくいっていない時で、態度に波が出るのは考えものです。

喧嘩真っ最中の時などに、周りに火の粉が飛ぶようなことは厳禁です。

■2:喧嘩した時など、恋愛話を延々聞かされる

社内恋愛中の女性は、誰にも言えないからと、同僚に打ち明けて、恋愛相談をすることもあります。

職場恋愛となると、うまくいっていない時も、四六時中顔を合わせていなければならないこともあり、その分ストレスも抱えやすいもの。

気が付けば、そんな不満や文句を同僚に延々に話していることも……。

そんな行動に同僚女性からはウザがられ、ランチや仕事の終わりの誘いも、「またあの話かも……」と思われ、敬遠されるきっかけになるかもしれません。

■3:業務を顧みず休みを合わせて取る

忙しいにもかかわらず、ふたりで休みを合わせたり、彼女が体調不良で休みを取れば、彼も遅刻やら同様に休みを取ったりと、勝手な行動に周りもうんざりさせられます。

他部署で、仕事の関わりがあまりないのであればまだしも、常に近くで仕事の絡みも多い相手であれば、要注意!

恋愛にうつつを抜かす前に、社会人としての自分自身の姿を客観視すべきでしょう。

以上、“職場恋愛カップルが周りにうんざりされる”NG行為についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

せっかくつかんだ幸せのはずが、自分たちの行動によって周りからの評価を下げてしまうのは、何とももったいないことです。

だからこそ、感情に溺れず、仕事を第一に考えた上で、周りに迷惑を掛けない行動を心掛けたいものです。