2位は西野カナ!「カラオケで女の子が歌うとキュンとくる曲」1位は

写真拡大

合コンやデートなど、異性と一緒にカラオケに行くことも多いですよね。「男性にこの曲を歌われるとキュンとする」なんて歌が、あなたにも1曲くらいはあるのでは? それは男性も同じようです。

そこで今回『VenusTap』では、20〜30代の男性500人を対象に「女性が歌うと思わず“キュン”としてしまう定番のカラオケソング」を徹底調査。気になるランキングの結果をご紹介していきましょう。

■第5位:『未来予想図供戞DREAMS COME TRUE(4.8%)

誰もが知っている鉄板ラブソングと言えばこの曲! ドリカムの『未来予想図供戮任后D垢付き合った彼氏との幸せな未来を真っ直ぐに信じる、女性のピュアな愛を歌った曲です。

「難易度が高いのはわかっているけれど、そこを乗り越えてあえて歌って欲しい」、「二人の未来について語られているようでキュンとする」など、幅広い意見が寄せられました。

■第4位:『CHE.R.RY』/YUI(6.0%)

続く第4位には、シンガーソングライター・YUIのラブソング『CHE.R.RY』がランクイン。携帯電話のメールを好きな男性に送るときのドキドキした気持ちを歌った、女性の可愛さが伝わる一曲。

「恋する女性の気持ちがストレートな歌詞に乗せられて歌われるので、男性なら絶対ドキッとするはず」、「間奏で見つめられた日には、告白かと錯覚する」そうですよ〜。

■第3位:『雪の華』/中島美嘉(9.0%)

3位には、「切ないメロディに惹き込まれる」、「歌に自信のある女性には是非歌ってもらいたい」という理由があがった中島美嘉の名曲が入りました。

「一筋縄ではいかない恋のつらさが伝わってくる」、「これを歌ってくれたら、こっちから“好き”と告白しちゃいそう(笑)」と、男性の恋心を掻き立てる何かがこの曲にはあるようです。

■第2位:『Darling』/西野カナ(11.3%)

西野カナのラブソングは女性人気の高い楽曲という印象ですが、男性にもキュンキュンを届ける一曲が『Darling』でした。靴下が裏返っている彼へのグチなどを交えつつ、彼への変わらぬ愛を歌った等身大のラブソングです。

「俺も好きな子にダーリンって呼ばれたい」と男心を鷲掴みにしているよう。

■第1位:『カブトムシ』/aiko(12.6 %)

堂々の第1位は、aikoの代表曲『カブトムシ』でした! 胸キュンソングの鉄板と言っても過言ではないかもしれません。

心から愛する人に出会えた喜びだけでなく、苦しさ、不安などという痛いほどの愛情は、女性が聴いたら「そうそう!」と共感するポイントが満載ですが、男性目線で見ても「自分の彼女が“俺のことをこう思っていてくれたら嬉しい”とキュンとくる」という理由のようです。

「女性が歌うと思わず“キュン”としてしまう定番のカラオケソングランキング」を紹介しました。女性の皆さんはぜひ、ランクインした楽曲を練習してみてはいかがでしょうか。

【画像】

※ CHIBA, JAPAN - JUNE 22:  Singer Kana Nishino poses for photos during MTV VMAJ 2013 at Makuhari Messe on June 22, 2013 in Chiba, Japan.  (Photo by Ken Ishii/Getty Images)