51.8%がバレた!「社内恋愛がバレた理由」2位周囲が漏らす、1位は…

写真拡大

1日の大半を過ごす会社で、家族より長い時間を共有する同僚や上司と恋仲になることは珍しくない。

しかし、社内恋愛をする人の中には「気を遣われたくない」、「恥ずかしい」といった理由で付き合っていることを隠していたのに、いつの間にかほとんどの人に知られていた……なんてことも多いよう。

では、秘密だった社内恋愛はどのようにしてバレるのだろうか?

そこで今回は、楽天が運営する『楽天ウェディング』が全国20〜49歳の男女で社内恋愛を経て結婚した500名を対象に実施した、「社内恋愛に関する調査」結果をご紹介しよう。

■社内恋愛がバレた人は51.8%!

まず、「隠していた社内恋愛、バレたことがある?」と尋ねると、「ある」と答えた人が51.8%、「ない」が48.2%とほぼ半々に分かれた。

しかし、本人たちは「バレていないはず」と思っていても、周りに察知されている可能性もなきにしもあらずで……。

「社内恋愛がバレた理由は?」という質問の回答結果は以下の通り。

1位:街でデートしているところを見つかった(男性54%・女性58%)

2位:社内恋愛をしていることを伝えていた人が周囲にもらした(男性33%・女性23%)

3位:一緒に通勤しているところを見られた(男性28%・女性27%)

1位の「街でデートしているところを見つかった」は、偶然のようだがかなりの確率でバレる原因に。

会社の最寄駅近くのお店に行ったり、沿線の繁華街のある街に行ったりと、同じ会社で働く人々は退社後の行動範囲も似てしまうのかもしれない。

2位は、他人の口から秘密がもれてしまったケース。3位は待ち合わせて一緒に通勤したのか、それともお泊り後の翌朝だったのか。

バレたくない場合は、時間をずらして通勤するなど工夫が必要だろう。

■社内恋愛をして“後悔した理由”同率1位3つは……

社員の数が多ければ多いほど出会う異性も多く、社内恋愛のチャンスも大きいのかもしれない。しかし、「毎日会える」というメリットもあるが、もちろんリスクも大きく後悔することもあるだろう。

実際に社内恋愛をした女性たちが、どのような理由で後悔したのか、姉妹サイト『BizLady』の記事「4位かえって嫉妬する!働く女性が“社内恋愛で後悔した瞬間”1位は」によると、次のような結果となった。

同率1位・・・上司・同僚にバレた(33人)

同率1位・・・別れて気まずくなった(33人)

同率1位・・・社内での振舞いが不自然(33人)

4位・・・かえって嫉妬する(31人)

5位・・・他の同僚と行動しづらい(25人)

1位のひとつ目は、「上司・同僚にバレた」。社内恋愛を禁止している会社だとしたら、バレたら左遷などの処分が待ち受けている可能性も……。

2つ目は、「別れて気まずくなった」。前述の調査は結婚に至ったカップルに聞いているが、普通は社内恋愛で“結婚にたどり着く可能性”よりも“付きあって別れる可能性”の方が高いかもしれない。

もし別れた場合は、よっぽどの円満別離でない限りお互いにかなり気まずくなり、会社にいづらいとさえ感じることがあるだろう。片方が他の同僚と付き合い始めたらなおのこと、毎日が地獄のように感じることも。

そして3つ目は、「社内での振舞いが不自然」。2人の関係を隠そうとして必死になり、かえってぎこちなくなり行動がぎくしゃくする可能性がある。

部署が遠ければまだしも、同じ部署の場合はかえって普段の言葉遣いや振る舞いに私情が入る恐れも……。

いかがだろうか?

人を好きになる気持ちは時に止められないこともあるが、社内には私情を持ち込まないほうが仕事がきちんとできそうなのもまた事実だろう。

もし社内恋愛しそうになったら、会社における2人の立場や、バレた時の処分の可能性など、メリット・デメリットもよく考えてから行動したいものだ。