3位騒ぐ子を親が叱らない「テーマパークでイラッとすること」1位は

写真拡大

大阪にある『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』が、過去最高益を達成したというニュースが話題になりましたが、どんな世代でもテーマパークは魅力的な場所。訪れるだけで非日常を楽しめるので、ストレス解消になりますよね!

しかし、そんな夢の国でもいるのはたくさんの人間……。現実には「イラッ」としてしまうこともありますよね。

そこで、今回『VenusTap』では、一般男女500名を対象に「テーマパークでイラッとすること」について独自アンケートを実施。みんなのイライラポイントを見て、自分もやっていないかチェックしてみましょう。

■1位は“行列に割り込みされる”!

「テーマパークでイラッとしてしまうことは?」というアンケートを取ったところ、上位は以下の結果となりました。

1位:行列に割り込みされる(30.2%)

2位:従業員の態度が不親切(22.4%)

3位:騒いでる子どもを放置している親(21.4%)

4位:喫煙所でないところでの喫煙(20.0%)

5位:トイレに長蛇の列ができている(18.6%)

同率6位:走っている人がぶつかってくる(16.4%)

同率6位:お土産や食事の価格が高い(16.4%)

8位:後ろに並んでいる人たちが、ふざけあっている勢いでぶつかってくる(16.0%)

9位:ショーやパレード中、座らない人たちで見えない(15.4%)

10位:レストランの席が空いておらず並ぶ(14.8%)

トップになったのは「行列に割り込みされる」でした。確かに、5位や10位にもあるように、テーマパークでは行列がつきもの。何かと並ぶことになるので、徐々に疲れやストレスが蓄積します。そんな中で割り込みをされては、イライラを呼ぶのは当然ですよね。

人が多いと勘違いで割り込んでしまうこともあるかもしれないので、周りの人に「並んでますか?」と一声かけるとトラブルが避けられそうです。

■従業員が不親切だとガッカリ……!

2位にランクインしたのが「従業員の態度が不親切」。

近年成功しているテーマパークは、従業員の神対応が話題になっています。こちらが望む以上の対応をしてくれる従業員に、「さすが夢の国!」と感動したことがある方もいるでしょう。

しかし、その分ハードルが高くなっていることもあるのか、ちょっとでも不親切な対応をされると、イラッとしがちなのかもしれません。

従業員はゲストを招くホストの役割。その日の“楽しい気持ち”は従業員にかかっている、と言っても過言ではないことをわかっていてほしいものです。

■周りの人の立場を考えて行動しよう

今回のランキングでは、明らかなマナー違反が多くランクインしています。“割り込む”、“騒ぐ”、“走る”、“ぶつかる”、“前にいるのに座らない”というのは、周りの人の立場を理解できていないから起こることですよね。

テーマパークは大勢の老若男女が集まる場所。立場の違う人たち同士が気持ちよく過ごすためには、その人たちの状態を考えて行動する必要があります。

非日常的空間なので、テンションが上がってしまうのは仕方のないことですが、周りが見えなくなるほど自分本位で行動するのは気を付けたいものですね。

いかがでしたか? 少数派の意見に「イチャイチャしているバカップル」もイラッとする対象として挙げられていました。テーマパークデートは楽しくて、2人だけの夢の空間が出来上がってしまいそうですが、節度を心がけて。子どもがたくさんいる場所でもあることを忘れずに。

誰もが楽しめる空間をみんなで作り上げることが、ひいては自分のイラッとした気持ちを解消することにつながるのです。