痛い!アラサーがやると「いい年こいて…」とドン引きする行動1位は

写真拡大

若い頃は許されていた行動も、アラサー世代以降になると周囲から白い目で見られる行動があります。気づかずにいつまでもやり続けていると、“イタイ人認定”されてしまうかも。

そこで今回『VenusTap』では、男性500名に「“アラサーにもなって、それやったらダメでしょ”とドン引きする女性の行動は?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■5位:些細な理由ですぐに仕事を辞める(17.8%)

どんな仕事でも、つらいこと、嫌なことがたくさんあるでしょう。そんなときに「辞めたいなぁ」なんてついつい頭をよぎるもの。

しかし、アラサーという歳で仕事をすぐに辞めるようなことを繰り返していると、「忍耐力がない」「責任感がない」などと思われるようです。さらに、「社会人失格」「子どもじゃないんだから」などと、“大人になりきれていない”というレッテルまで貼られてしまうかもしれません。

■4位:食事をするときに肘をつくなど食事作法が汚い(20.6%)

若い年代であれば、多少食事作法ができてなくても、「まー、若いんだししょうがない」と思ってもらえることもあるでしょう。しかし立派な大人であるアラサー世代だと、世間の目もおのずと厳しくなります。

食事をするときに、肘をついたり、箸がきちんと持てなかったりすると、「立派な大人なのに食事のマナーも知らないなんて」と白い目で見られることに。

現在は、食事作法に関する本なども多数出版されていますし、ホテルなどでは休日にテーブルマナーを学べる講座なども開催されています。食事作法に自信のない方は、正しい食事作法は大人の身だしなみだと思い、一度しっかりと学んでみましょう。

■3位:普段仲良くしている女友達の悪口を平気で言う(20.8%)

仲良くしている女友達への不満について、ついつい誰かにグチってしまうこともあるでしょう。

しかし、周囲は「それはヒドいね」など聞いてくれていても、内心は「大人なんだから、どんな人間と付き合うかも自己責任でしょ」とか、「他人の悪口を言うなんて、子どもだな」と幻滅してしまうようです。

アラサー世代以降では、“大人としての建前”も必要。不愉快に思ったとしても口には出さずにグッと堪えて、やりきることも重要です。自分の評価を落とさないためにも、人の悪口や愚痴などは控えたほうがいいでしょう。

■2位:先輩や上司に怒られるとその場で泣く(21.2%)

職場で先輩や上司に叱責されて、涙をポロポロ流してしまう女性。入社したばかりの新入社員なら、「頑張れ!」なんて心の中で応援してしてしまう光景です。

しかし、アラサー世代以降になっても先輩や上司に怒られてその場で泣きだす女性に、周囲は「マジないわ……」とドン引きしてしまうよう。

年齢に関係なく仕事中に泣きたいときはあるものですが、その場ではグッと堪え、人前ではなくトイレなどでこっそり泣いたほうが良さそうです。

■1位:あればあるだけお金を使って貯金がない(22.4%)

アラサー世代以降になると、若い頃と比べ金銭の余裕も出てくるでしょう。

しかし、週末は女子会でシャンパンを開けて飲み明かす、欲しい物があったらガマンできず買ってしまう、自炊など面倒で外食ばっかり……など、お金があればあるだけ使って貯金がない女性に「もっとしっかりしないといけない歳でしょ?」、「将来のこと何にも考えてないの?」とドン引きするよう。

お金にだらしがなく貯金がないと、他人から冷めた目で見られるだけでなく、男性陣からは「結婚はおろか交際もありえないでしょ」という評価が下されるキケンも!

「やばっ、当てはまる!」という方は、『VenusTap』の過去記事「主婦は平均278万円!貯金ヘタ子でも知らない間にお金が貯まる魔法」で、貯金のコツをご紹介していますので、実践して少しずつでも貯金を貯めていきましょう。

以上、「“アラサーにもなって、それはダメでしょ”とドン引きする女性の行動ランキング」をご紹介しましたが、いかがでしたか? 当てはまる行動は封印して、周囲から“イタイ人”と白い目で見られないようにしましょう。