マツコも!? 3位はるな愛…男が選ぶ「抱けるオネエタレント」2位1位は

写真拡大

最近、テレビをつけるとほぼ毎日誰かしらの“オネエタレント”を目撃します。しかもビジュアルのレベルも上がってきていて、女性を超えた“美しいオネエ”が増えている気も……。

そこで、今回『VenusTap』では、一般男性500名を対象に「恋愛対象として“アリ”なオネエタレント」について独自アンケートを実施。世の男性が思う“ムラムラするオネエ”を調べてみました!

■1位は……“オネエはナシ”という結果に!

「実は“恋愛対象としてアリかも”“抱ける”と思うオネエタレントは?」と質問したところ、ベスト10は以下の結果となりました。

1位・・・全員思えない(37.0%)

2位・・・佐藤かよ(13.8%)

3位・・・はるな愛(10.2%)

4位・・・椿姫彩菜(6.4%)

同率5位・・・ゆしん(3.4%)

同率5位・・・GENKING(3.4%)

7位・・・IVAN(3.2%)

同率8位・・・ミッツ・マングローブ(2.8%)

同率8位・・・マツコ・デラックス(2.8%)

10位・・・KABA.ちゃん(2.4%)

最も多い回答は、「全員思えない」でした。

納得というべきか、仕方ないというべきか……やはり一般男性はオネエタレントにはムラムラしない傾向にあるようです。とはいえ、6割強は「アリ」だと答えています。

もしやこれは女性にとっては脅威の数字かもしれません!?

■“オネエアリ”派のトップは、美容整形ナシの“佐藤かよ”

“アリ派”の支持を見ると、トップはモデルの佐藤かよ。

男性とは思えないほどの美人で、声も違和感ゼロ。男性と知ったときは誰もが驚いたのではないでしょうか。

モデルとしてデビューした時点ではカミングアウトをしておらず、女性として活動を開始。しかし周囲の噂でバレてしまい、テレビ番組で元男性であることを公表しました。

驚くのはこのビジュアルで美容整形ナシということ! 女性ホルモンの注入以外はいじっていないのだとか。天性の美しさを男性が魅力的に思うのも納得です。

■3位は男を本気にさせるオネエ、“はるな愛”

次にランクインしたのはタレントのはるな愛。

個性的で明るいキャラクターはさることながら、「ミス・インターナショナル・クイーン 2009」で日本人初の優勝を果たすほどのビジュアルを持ち、モテるのもうなずけます。これまで何度も数々の熱愛報道があり、“恋多きオネエ”といっても過言ではなさそう。

名が売れる前に、はるな愛を女性だと思っていた芸人のほっしゃん。からプロポーズされたというエピソードもあるほど、“男性とは思えない美しさ”と“男性を本気にさせる魅力”があるのではないでしょうか。

■知的さや強さも男性から見て魅力になる!?

トップ10のうち、ひと際ビジュアルで異彩を放つのは、8位にランクインしたマツコ・デラックス。

女性のようなう美しい外見のオネエが並ぶ中で、身体が大きいイメージのマツコ・デラックスが支持されているのは、一見意外な結果と言えるかもしれません。

ですが、『VenusTap』の過去記事「バッサリ斬ってほしい!「恋愛相談したいオネエ」2位はるな愛、1位は」では、「好きなオネエタレント」と「恋愛相談をしたいオネエタレント」の両方で1位を獲得。

頭の回転がよく、歯に衣着せぬコメントを見ていると、一緒にいて楽しい、頼りになるというイメージがあり、男性にとっても好感度が高いのかもしれません。

“ムラムラ”と“好感度”は必ずしも一致しませんが、魅力的に見えるという意味では“アリ”な存在になるのかもしれませんね。

いかがでしたか? “女性への憧れ”が強いからか、一般女性よりもオシャレでセクシーなイメージが強い“オネエタレント”。6割の男性が“アリ”ということは、女性にとってはオネエも恋のライバルになりうるということ。油断していると美しいオネエに本命を奪われてしまうかもしれません!

もしオシャレに自信がないならば、“オネエタレント”をよく観察して、女性としての魅力の出し方を勉強してみてはいかがでしょうか?

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - JUNE 6: TV personality Matsuko Deluxe attends “TSUKEMA Queen” Awards on June 6, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)