昨年7月の大相撲名古屋場所(7月場所)を終えて、およそ23年間の力士生活に終止符を打った元関脇の旭天鵬。2012年夏場所(5月場所)、37歳のときに史上最年長記録で幕内初優勝を遂げ、40歳になっても幕内力士を務めてきた。まさしく「角界のレジェンド」と呼ばれるにふさわしい活躍を見せ、41歳の誕生日を前にして現役を退いた。

 それから10カ月――旭天鵬は、力士の象徴となる髷(まげ)と別れを告げる日を迎えた。

 5月29日、両国国技館の前には、午前11時の開場を待ちきれないファンが列をなしていた。そんな、本場所とはまた違った熱気が漂う中、『旭天鵬引退、大島襲名披露大相撲』が行なわれた。

 一般的に「引退相撲」と呼ばれるこうしたイベントは、引退した力士の誰もができる催しではない。原則的には、何十場所か関取を務めた力士でなければいけないし、充実した内容にするには、他の力士たちからの信頼を得ていなければならない。とりわけ、後者は重要なことである。

 というのも、現役時代にお世話になった後援者を多数招いて、そうした方々に土俵上で直接髷に鋏(はさみ)を入れてもらう他、本場所と同じように横綱の土俵入り、十両、幕内力士による取組などが行なわれる。さらに、地方巡業で見られるような、綱締めの実演、力士が歌う相撲甚句など、こうした盛りだくさんのプログラムを、引退した本人がすべて取り仕切らなければならないからだ。

 そういう意味では、この日の「引退相撲」は旭天鵬の人柄のよさが反映され、多くの力士から愛されていることがよくわかる、素晴らしい内容だった。白熱した取組が行なわれ、横綱・白鵬が綱締めを実演。さらに、1992年の春場所(3月場所)で初土俵を踏んだ同期生、元小結の旭鷲山こと、ダヴァー・バトバヤル氏と旭天鵬との最後の取組まで行なわれ、ファンの大歓声を浴びた。

 注目の断髪式は、午後に行なわれた。最後の大銀杏姿となった旭天鵬が土俵に上がって、後援者をはじめ、親方や力士ら相撲関係者、そして旭天鵬と交流のある芸能関係者やプロ野球選手など、華やかな顔ぶれが次々に鋏を入れていった。

 ところでその際、会場に訪れたファンの興味のひとつには、元横綱・朝青龍こと、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏がその場に現れるのか、というものがあった。入鋏予定者は約400人。そのリストには、確かにダグワドルジ氏の名前が記されていたが、本当に姿を見せるのか、多くのファンは半信半疑だった。

 優勝25回。白鵬が台頭するまでは、7連覇を達成するなど、絶対的な存在だった。正直、その強さには相撲界全体が恐れをなしていた。だが、2010年初場所(1月場所)後に、突然引退。その辞め方、さらにその後の相撲界との関わりは決して良好とは言えず、朝青龍の登場にファンは懐疑的だった。

 しかし、「旭天鵬」という存在は、朝青龍にとっても別格である。

 モンゴル人力士の第一期生として、初土俵を踏んだ旭天鵬。入門当初は、日本や相撲界の習慣に馴染めず、部屋を脱走してモンゴルに帰国したこともあった。同期の旭鷲山が華々しい活躍を見せる一方で、長い間スランプに陥っていたこともあるが、1996年春場所で新十両となり、1998年初場所で新入幕を果たすと、旭鷲山とともに奮闘。ふたりの活躍は、モンゴルでもリアルタイムで放送されている大相撲中継で連日映し出されていた。

 その姿に、モンゴルの子どもたちは熱狂し、憧れた。旭鷲山はもちろん、旭天鵬もまさにモンゴルの少年たちの「ヒーロー」だったのだ。

 朝青龍も、その少年たちの中のひとりだった。しかも、日本に来て力士となってからも、朝青龍は旭天鵬にいろいろと面倒を見てもらった。

 高知・明徳義塾高に相撲留学し、その後若松部屋(当時=現・高砂部屋)に入門した朝青龍。兄弟子に怒られて悩んでいたとき、同期生の旭天山を通じて相談に乗ってもらったのが、旭天鵬だった。

 ゆえにこの日、朝青龍が姿を現さないはずがなかった。自らのヒーローであり、大恩ある旭天鵬の一大イベントである。華麗なスーツを身にまとった朝青龍は、往年の"オーラ"を放ちながら、久しぶりに国技館の土俵に上がった。

「旭天鵬関は、みんなに愛される人。草原で育った少年のような気持ちを持った人です。そして、僕と違って真面目な人です」

 大先輩の髪に鋏を入れたあと、朝青龍は自らを顧みながら、そう自重気味に語った。

 またこの日、イベント全体を通して存在感を示していたのが、横綱・白鵬だった。旭天鵬のために、あらゆる催し物を精力的にこなした。

 朝青龍と同様、白鵬もまた旭天鵬に憧れていたモンゴルの少年だったからだ。そして来日後、宮城野部屋に入門。まだ10代の白鵬が、旭天鵬所属の大島部屋に出稽古に行くと、必ず胸を出してくれたのも旭天鵬だった。

 以来、稽古場では四股、すり足、テッポウの基本運動を念入りに行なう旭天鵬のスタイルを、白鵬はずっと踏襲している。白鵬にとっても、旭天鵬は偉大なる先輩であり、かけがえのない存在なのだ。

「私にとって(旭天鵬関は)、力士の先輩であることはもちろん、私生活でも尊敬するアニキです」

 引退相撲を無事終えると、髪を整えた旭天鵬がスーツ姿となって、関係者によるパーティーが都内で行なわれた。当然その場にも、朝青龍と白鵬は顔を見せていた。しかし、ふたりは互いに接触を避けているようだった。

 朝青龍の引退後、白鵬が相撲界を引っ張り、その後、日馬富士、鶴竜というモンゴル出身の横綱が誕生した。けれども、朝青龍には、「モンゴル人で初めて横綱になったのは、俺」という強烈な自負がある。

 一方で、不祥事などで人気が低迷していた相撲界を白鵬がけん引。その大横綱の功績を尊重して、朝青龍は表舞台に出ることをあえて控えている。一部報道で、白鵬との不仲説が飛び交ったことには心を痛めていた。

 モンゴル出身の"両巨頭"――それぞれにプライドがある。だが、互いに認め合ってもいる。ふたりの間には、ともに遠慮があったのかもしれない。

 宴もたけなわとなって夜がふけると、朝青龍と白鵬との距離は次第に縮まっていった。ふたりが笑顔で杯を重ねると、白鵬がつぶやいた。

「私も、いつかこんな日を迎えるのかなぁ......」

 それに対して、朝青龍はただ微笑んでいた。まるで白鵬に無言のメッセージを送っているようだった。

(俺みたいに)いろいろなことに負けないでくれよ――。

 そんなふたりの姿を、旭天鵬は頼もしそうに見つめていた。そして、最後にこう漏らした。

「いい後輩に恵まれて、僕は幸せな相撲人生を送れたと思うよ」

武田葉月●文 text by Takeda Hazuki