ブラック常子誕生だったりして「とと姉ちゃん」62話

写真拡大

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「常子、失業する」第62話 6月14日(火)放送より。 
脚本:西田征史 演出:藤並英樹


チンピラに絡まれたことからビアホールが乱闘に。巻き込まれた常子(高畑充希)は謎の女・お竜(志田未来)に助けられるも、大事なマフラーをとりに戻ったせいで警察に連行されてしまう。
お竜、かっこいい。「はいからさんが通る」の花乃屋吉次の成分を半分大地真央に分けた残りをもらったキャラのよう。あと、あれ。「雪の女王」(アナの出てくるやつではない)で主人公兄妹を助ける山賊の娘的なキャラ。
警察ではすぐに帰してもらってほっとしたのもつかの間、翌日、会社でクビを言い渡されてしまう常子。
多田かをる(我妻三輪子)が保身のため、虚偽の報告をしたのだ。ひどい話である。
「あなたが私でも同じことをした」と言うかをる。彼女も常子と同じで、家族を養わないといけないという境遇だった。
かをるが握った手を「それは仕方ありませんねといえるほど、私は人間ができていません」と静かに離す常子。
この場面の色味が寒色で、常子の心が冷めているのを感じさせる。

これまでの常子は、名のついてない人物──つまり、人間の悪意の集合体として考えられるような人たちからしかひどい仕打ちを受けていない。例外が山岸課長(田口浩正)だが、彼に次いで、名前があり、かつ、常子と同じ和文タイピストの仕事をしている仲間・かをるによる裏切り。これは衝撃体験だろう。自分のまわりには善人ばかりという安心神話が崩れてしまったのだ。
ひとり廊下で泣く常子。手をぐーに握って目に当てている仕草がまた、なんともいたいけだ。
世の中、いい人ばかりではない。やられる前にやれ。ブラック常子の誕生だった。・・・なんてことにはならないだろうけれど。いや、むしろ、そんな展開がちょっとあってもいいような気がしないでもない。
(木俣冬)