タイタニック号が沈んでいく姿をリアルに再現? 子ども用の遊具が話題に / ネットの声「アウトすぎる」

写真拡大

主にイベント会場や大型ショッピングモールでよく見かける、子供用のでっかい遊具。通称ふわふわをご存知ですか?

ドーム型のエアートランポリンタイプ(中に空気が詰まっていて、子どもたちが楽しそうに飛び跳ねて遊ぶアレです)、すべり台タイプなど、種類はさまざまですが、その中でもひときわ異彩を放っている “ふわふわ” が、現在ネットを中心に話題になっているみたいなの。

ご紹介するのは、「タイタニックスライダー」と名付けられたすべり台タイプの “ふわふわ” 。ビジュアルはまさに、映画にもなったタイタニック号そのものです。

【これ、ダメなやつなのでは】

船体は斜め45度ほどに傾いて、今まさに、海に沈みかけようとしているところ。子どもたちは、その傾いた船の甲板の上をすべって遊ぶという仕組みです。

映画で観たあのシーンをそのまんま再現するとは……。しかも子供用の遊具にしてしまうだなんて……。史実を知っている者、そして、あの映画を観た記者(私)としては、なんだか複雑な気分になっちゃう。

【なかなかの大きさです】

タイタニックスライダーをレンタルしている「静岡パブリック・リレイション」ウェブサイトによれば、スライダーの幅は6.5m、奥行きは16m、高さは10m。

また一方で、サイズは違うけれども、非常によく似たスライダー「タイタニックJR」を取り扱う(株)エムズのウェブサイトによれば、すべる所は両サイドに設けられているのだそうです。

【ツイッターの声】

傾斜角度もスリリングなら、発想自体もスリリング。その衝撃的な姿を目にしたツイッターユーザーのみなさまは、続々コメントを投下されておりました。

「ほほぅ……タイタニックスライダーとは……これはなかなか……」
「遺族が訴えてくるぞ」
「最近の事故だったとしたら大問題・大炎上だよね」
「嫌いじゃないけど、どうしてコレ作ったんだよ(笑)」
「だめなヤツだろ、コレ」
「アウトすぎる(笑)」
「これすべったことありますよ たしか真ん中の船のとこから登るんです、わりとスピードでるので楽しいですよー」

【ちょっとだけ、すべってみたい】

そうなのね、真ん中のところから登るのね。船内を通ってから上に出るという構造で、子供たちはきっとものすごーく楽しいでしょうねぇ。

しかしながら何度見ても、異色すぎるこちらの遊具。イベント会場にあったらきっと、2度見、いや3度見必須だわ。 

参照元:静岡パブリック・リレイション、(株)エムズ、Twitter検索「タイタニックスライダー」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら