写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エプソンは6月15日、6軸ロボットやスカラロボットのオプションとして6月2日に発表した力覚センサー「S250 シリーズ」の国内受注を開始した。

S250シリーズは、同社の6軸ロボット「C4シリーズ」「C8シリーズ」と、スカラロボット「Gシリーズ」「RSシリーズ」への装着が可能。高感度な水晶圧電方式により0.1Nの力を感知することができるため、製造現場での繊細な部品の組立や、結合部の隙間が少ない部品同士のはめ込みなどの高精度な技術が求められる作業での自動化を実現する。価格(税抜き)は69万〜72万円。

なお、6月22日〜24日に東京ビッグサイトで開催される「日本ものづくりワールド2016 機械要素技術展」において同センサーを装着したロボットのデモンストレーションが展示される予定だ。

(神山翔)