トランプ、『ワシントン・ポスト』の記者を締め出すと宣言

写真拡大

『ワシントンポスト』の記事に不満をもったドナルド・トランプは、同紙のプレスパスを取り消すことを発表。トランプとメディアの関係は悪化の一途をたどっている。

「トランプ、『ワシントン・ポスト』の記者を締め出すと宣言」の写真・リンク付きの記事はこちら

米大統領選で共和党の指名獲得を確実にしたドナルド・トランプはかねてから、「むかつく」「いいかげん」といった言葉で報道機関への軽蔑をあらわにしてきた。そして今度は、自身のFacebookページで、『ワシントン・ポスト』のプレスパスを取り消し、同紙からの取材を拒否する意向を示した。

『ワシントン・ポスト』が6月13日付の記事で、フロリダ州オーランドで起きた銃乱射事件とバラク・オバマ米大統領をトランプが関連づけようとしている、と非難したことが理由だという。

この記事では、『Fox News』で事件同日に放送されたトランプのインタヴューから、「この国は、厳格でも賢明でもない男、何かほかのことを考えている男によって率いられています」「事件の真相は、オバマ大統領が誰よりもよく知っているかもしれない」といった発言を引用している。記事からは、「トランプが、(オバマ)大統領がイスラム過激派と結びついている可能性を暗に示している」という内容が読み取れる。

それに対してトランプはFacebookページで、「自分はオバマ大統領のファンではない」が、この記事は「信じられないほど不正確だ」と説明している。「インチキでいいかげんな『ワシントン・ポスト』のプレスパスを取り消すつもりだ」

INFORMATION

現在、連載中! ザ・大統領戦「Super Election」

米大統領選は、新たなテクノロジーが社会を変えていく現場だ。全米を舞台に立ち現れるさまざまな事象を、デザインシンカー・池田純一が読み解く。2016年11月、雌雄が決するその瞬間までのドキュメント。

『ワシントン・ポスト』の記事は、確かに不正確だったかもしれない。しかし、記者会見から報道機関を締め出すというトランプの判断は、「報道の自由」の著しい侵害だと言わざるを得ない。トランプ陣営は過去にも、説明や警告なしにプレスパスを取り消している。

さらにトランプは、大統領に選ばれたら名誉毀損に関する法律に「メスを入れ」、報道機関を訴えて「大金を手に入れ」やすくするとも公約している。

『ワシントン・ポスト』のマーティン・バロン編集主幹は声明を発表し、トランプの判断について、「自由で独立した報道機関の役割の否定にほかなりません」と批判。「これまでと同様に、誇り高く、正直に、正確に、精力的に、果敢に」、トランプ陣営の取材を続けると強調している。

『ワシントン・ポスト』はこれまでも、トランプに対して否定的な姿勢を示してきた。2016年2月22日には、共和党指導者に向けてトランプの指名を阻止するよう呼びかける異例の社説を掲載。トランプが大統領選の共和党候補になれば「自分の書いたコラムを食べる」と宣言していたコラムニストが、指名確実になったことを受けて、5月12日に約束通り紙面を食べる動画をサイトに掲載している。

『ワシントン・ポスト』を2013年に買収し、その発行人を務めるアマゾンのCEOジェフ・ベゾスは、今回の件についてまだコメントを発表していない。だが、この2人の億万長者の関係がよくなることはないだろう。2015年12月にトランプが『ワシントン・ポスト』を批判したとき、ベゾスは「#SendDonaldToSpace」(ドナルドを宇宙へ)というハッシュタグを付けて以下のようにツイートした。

「われわれはドナルド・トランプによって批判されたが、それでもわれわれのブルーオリジン・ロケットの席は、トランプのために空けてある」(ブルーオリジンは、ベゾスが設立した航空宇宙企業)。

Finally trashed by @realDonaldTrump. Will still reserve him a seat on the Blue Origin rocket. #sendDonaldtospace https://t.co/9OypFoxZk3

― Jeff Bezos (@JeffBezos) 2015年12月7日