メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす【おしゃれのおさらい】

写真拡大

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。
暑くなってくると気になりはじめる真っ白なコーディネート。明るめのワントーンコーディネートが好まれている今年も、雑誌やお店のウィンドウでたくさん見かけます。しかし、気にはなるけど難しそう......と、ハードルが高く感じている人も多いよう。今回は、手軽に品のいいおしゃれ感を出すことができる白×白のコーディネートを、ワンランクアップするコツをご紹介します。
異素材でメリハリをつける
白×白のコーディネートを難しいと感じている人が、まず頭に置きたいのは「異素材同士を組み合わせる」こと。違う質感のアイテムを組み合わせることでコーディネートにメリハリが付き、おしゃれ度はぐっと上がります。
持っておくと便利なアイテムは、ざっくり編まれたローゲージのニット。ニットの網目がわかりやすくメリハリを付けてくれるので、同色同士の組み合わせでも、のっぺりと寂しくなってしまうことはありません。太い糸のものを選べばカジュアルに、細い糸のものを選べばしっとりした雰囲気を作りやすくなります。
ざっくりニットは変幻自在
ざっくりニットがあれば、ボトムスにどんな素材が来ようがウエルカム。とろみ素材のガウチョパンツ、ホワイトデニムのタイトスカート、コットンのキレイめクロップドパンツ、薄手リネンのロングスカートなど。どんな素材のボトムスと合わせても、コーディネートは立体的になり、すてきにまとまります。
Vネックやクルーネック、ショート丈、オーバーサイズのものなどいろいろなタイプが出ているので、合わせるボトムスを考え、コーディネートしやすいものを選びましょう。
ベーシックコーデなら小物をプラス
もっとベーシックなアイテム同士のコーディネートを、さらっと着こなしたい! というのであれば、サブアイテムや小物類の出番です。
「白シャツ+白のデニムパンツ」や「白いTシャツ+白のコットンスカート」など、落ち着いた質感のベーシックなアイテム同士の組み合わせの場合、立体感ある素材のものをプラスしてみてください。
たとえば、リネンのニットカーディガンを肩にかけたり、ストロー素材のかごバッグを合わせたり。トップスに絡むアイテムだと、より印象は変わります。かごバッグは上品な明るめの色のものを選べば、白×白の雰囲気を壊すことはありません。
インナーはやっぱり明るめベージュ
忘れてはいけないインナー問題! カラーバリエーションがあっても白にだけ裏地が付いているものが出ているように、ボトムスは裏地が付いているのが一番安心です。裏地が付いていないものの場合、やはりベージュのシームレスの下着が一番透けにくいでしょう。ただ、濃いベージュだと、残念なことにそのベージュが透けて見えてしまうことも。先日撮影で、モデルさんともこの話になりましたが、なるべく肌に近い、明るめのベージュを選ぶのがベターです。
透けトップスには白キャミソール
トップスも同じく、シームレスの明るいベージュのインナーが透けにくいですが、ざっくり編まれたニットやとろみ素材のブラウスなど、透け感のあるトップスの場合、それではおかしなことになってしまいますよね。どのタイプのネックラインでも悪目立ちすることなく、下着感も少ない、胸元まっすぐ、チューブトップタイプの白のキャミソールを1枚持っておくと便利です。カップの入ったタイプを選べば、ブラの紐も気になりません。
顔映りのいい白を選び気分よく、ファッションでもおもいっきり夏を満喫したいですね。
次回のおしゃれのおさらいは「夏の足もとの組み合わせ」について、ご期待ください。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む
#9 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ
#8 いつもカーディガンが手放せない人へ
#7 洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと
#6 カジュアルになりすぎない、大人のスニーカーコーデ術
#5 30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら

イラスト/米山夏子

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。