14日、香港の俳優ダニエル・ウーが若い俳優たちの「韓流化」に批判的な見方を示したことで、韓流ファンの反感を買っている。写真はダニエル・ウー。

写真拡大

2016年6月14日、香港の俳優ダニエル・ウー(呉彦祖)が若い俳優たちの「韓流化」に批判的な見方を示したことで、韓流ファンの反感を買っている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ダニエル・ウーが14日、最新出演作の発表イベントに出席した際、「若手俳優に提案したいこと」を聞かれて語ったもの。「多くの若手俳優が韓流スターのまねをし、奇妙な髪型をして、メークまでしている。男性らしくなく、全然理解できない」と話した。また、彼らの多くがまねているのは韓流俳優ではなく歌手であるとして、「歌手のまねをして妙なおしゃれをしているが、ごく普通の人を演じる時はどうするのだろう」とも語っている。

この発言を「アンチ韓流」だと誤解した韓流ファンが、ネット上でダニエル・ウーへの批判を展開。「人の好みを批判する権利はない」「女にはセクシー、中性的、ロリータなどいろいろな美がある。男にも当然あるべき」「他人の意思を尊重していない」などと批判をぶつけている。

これに対してダニエル・ウーはSNS上で、「僕が言いたいのは、外国人タレントのまねをする必要はなく、自分のスタイルを築くことや、創造力が大切ということだ。外国で流行していることをコピーばかりしても意味がない」と語り、誤解しないよう求めている。(翻訳・編集/Mathilda)