13日、韓国でこのほど、「犬に青酸カリを飲ませた人間」と題する動画が公開され、注目を集めている。

写真拡大

2016年6月13日、韓国でこのほど、「犬に青酸カリを飲ませた人間」と題する動画が公開され、注目を集めている。

動画には、韓国・全州のあるカフェの庭で放し飼いにされていた1匹のゴールデンレトリバーに1人の男が近づき、青酸カリを染み込ませたジャガイモを食べさせる様子が映っている。犬はジャガイモを食べた後ふらつき始め、その場に倒れて死亡した。

男はカフェの隣でクリーニング店を経営しており、犯行の動機について「犬がほえたから」と説明。さらに、「申し訳ない。同じ種類の犬を買ってやる」などと話したという。犬の飼い主は警察に通報したが、処罰は罰金にとどまった。

動画を見た韓国のネットユーザーからは、「人間のすることとは思えない」「法律がおかしい。一つの命を奪ったのに罰金?」「動物虐待で刑務所に入れるべき」など、驚きや怒りの声が相次いだ。(翻訳・編集/堂本)