漁夫のフレスコ画 前17世紀 テラ先史博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and Sports- Archaeological Receipts Fund

写真拡大

かつてない規模の「古代ギリシャ展」が2016年6月21日から東京国立博物館で始まる。特別展「古代ギリシャ-時空を超えた旅-」だ。ギリシャ国内40か所以上の国立博物館群から300件を超える貴重な作品が集められた。9割が日本初公開だという。

最古のエーゲ文明やヘレニズム...神と人間が織りなす壮大なロマンに思いを寄せて西欧文化の源流をたどる。民主主義のルーツ「陶片追放」も出品されている。現代の日本とも無縁ではない特別展だ。

哲人と英雄の交わり

「哲学者アリストテレスはプラトンの弟子で、アレクサンドロス大王の家庭教師でもあった」――この短文からだけでも、古代ギリシャ文明の凄さが分かる。たった一行の中にプラトン(前427〜前347)、アリストテレス(前384〜前322)、アレクサンドロス大王(前356〜前323、英語読みはアレクサンダー)と、今も歴史に名を残す3人が登場する。本展の出品作品「アリストテレス像」に付けられた解説文の一節だ。

アリストテレスは、哲学、論理学から自然科学まで何でもこなした古代史上屈指のオールマイティだ。今でいえば「知の巨人」。17歳のころプラトンの門下に入り、頭角を現す。42歳のころ、当時はまだ13歳で王子だったアレクサンドロスの家庭教師役として招かれた。王子はアリストテレスの薫陶を受けて成長、空前の規模の巨大帝国を作り上げる。

古代ギリシャは都市国家(ポリス)の連合体だった。それを統一したのがアレクサンドロスの父、フィリッポス2世王だ。ギリシャ北方のマケドニアから全土を制圧した。偉業をたたえて当時のアテネでは王と王子の彫像が盛んにつくられた。出品作「アレクサンドロス頭部」は彼の生前、18歳の姿を彫ったもので、保存状態のよい貴重な作品だ。

「アリストテレス像」や「アレクサンドロス頭部」をじっと眺めていると、「哲人」と「英雄」の師弟の交わり、彼らがつくった時代と文明の成熟ぶりが浮かび上がってくる。アリストテレスは東征中の教え子に『王道論』や『植民論』を送った。アレクサンドロスは遠征先から珍しい動植物を届けて師の研究に貢献した。のちに「高貴に生きることはアリストテレスから学んだ」との言葉を残したという。

「漁夫のフレスコ画」と「海の幸

4大文明の一つとか、日本も影響を受けたヘレニズム文明と聞いても、ギリシャはあまりに遠い。何かもう少し身近な作品はないものだろうか。そう思いながら、会場を巡ると、わかりやすい作品に出会う。「漁夫のフレスコ画」だ。

赤茶けた裸体の若者が両手にたくさんの魚をぶら下げている。高さ117センチ。若者の筋肉の盛り上がりや、ウエーブのかかった頭髪、利発そうな眼差しも読み取れる。躍動感がみなぎる身体。今から約3700年前、紀元前17世に制作されとは思えないほど鮮やかな色彩だ。

若者は単なる漁師ではないという。神に豊漁を感謝するため、海の幸を貢物として捧げようとしているらしい。

どこかで見た記憶がある絵のような気がする...。思い出すのは、青木繁(1882〜1911)の「海の幸」(1904年)だ。大きな魚を背負い10人余りの男女が浜辺を歩いている。明治期の日本の洋画を代表するインパクトの強い作品だ。こちらは横長の群像画だが、その中の1人を抜き出せば、「漁夫のフレスコ画」とイメージが重なる。

「海の幸」は日本神話の世界「海彦山彦」をモチーフにしたという。ふたつの作品に共通するのは、豊かな恵みをもたらす大自然=神へのリスペクトだ。古代ギリシャのフレスコ画が、時空を超えて20世紀の日本の作品とつながる。ちなみに青木は少年時代、アレクサンドロス大王に強く憧れていたそうだ。

今の日本と無縁ではない

日本列島がまだ縄文時代で、イノシシやシカを追いかけていたころ、すでにアクロポリスの丘にはパルテノン神殿が築かれていた。しかし古代のアテネで君主への道は平穏ではなかった。「陶片追放」というシステムで「僭主追放」が行われていたのだ。僭主になる恐れがある者の名を市民が陶片に書いて投票し、一定数を超えると追放となる。

本展では、追放された僭主「テミストクレス」の名前が刻まれた陶片も出品されている。都民の厳しい批判にさらされ、ついに辞意表明した東京都の舛添知事など、身につまされるのではないか。美術展には公用車で足しげく通っていたそうだから、ぜひとも実物を見てもらいたい。選んだ都民も、この機会にギリシャの叡智から学び直すことができそうだ。民主主義の源流を知るという意味では、今年の参議院議員選挙で新有権者になる18歳以上の若者も必見だろう。

紀元前8世紀には、オリンピアのゼウス宮殿で4年に一度の古代オリンピックが始まっていた。本展には「円盤投げ」や「ボクシング」、「競技者像」など、当時のアスリートたちをテーマにした作品も出品されている。2020年の東京オリンピックを前に「発祥の地」の原像を知る機会にもなる。

日本とは縁遠いように思われがちな「古代ギリシャ」――これらの出品作を眺めていると、実は無縁ではないということがわかる。文明の深いつながりを知るということからも、多種多様な出品物は、知的発見と示唆に富んでいる。