独ダイムラー社が6月13日、電動車両をはじめとする環境技術に今後2年間で70億ユーロ(約8400億円)以上を投じると発表しました。

同社はFCV(燃料電池車)の開発で日産や、米フォードと提携しており、2017年にSUVの「メルセデス・ベンツGLC」をベースにした同社初となる量産型FCVを発売するとしています。

1

FCスタック(燃料電池)は、白金使用量を大幅に削減した自社製のものを採用。

700気圧の高圧水素タンクを搭載しており、水素の充填時間はトヨタ自動車のFCV「MIRAI」などと同様の3分程度で、ガソリン車並の利便性となっています。

このほか、約9kWのリチウムイオンバッテリーを車体後部に搭載。

外部からの充電が可能なPHV(プラグインハイブリッド車)となっているのが特徴で、水素の残量が減っても最大50kmのバッテリー走行を可能にするなど、水素ステーション数の少ない現状にも対応しているそうです。

水素と電気がフルの状態での航続距離は500km。

ダイムラーではFCVの他にも航続距離を500km程度まで伸ばしたEVや、コストアップを抑えたマイルドHVの製品群にも力を入れており、2017年以降に市販化を予定しているそうで、次世代環境車で先行するトヨタやホンダに対抗する構え。

このように、ダイムラーは電動車のラインナップを拡充することで、今後欧米で強化される環境規制に対応するとともに、市場をリードする考えのようです。

Avanti Yasunori ・画像:Daimler)

ダイムラーが外部充電できるFCVを2017年に発売へ!(http://clicccar.com/2016/06/15/378722/)