13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国が誇れる6つの世界一に関する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国が誇れる6つの世界一に関する記事を掲載した。

記事によると、中国が誇れる世界一とは、貨物取扱量世界一の上海港、海外旅行での消費額が世界一、世界最大のコンテナ港・洋山深水港、世界最長の京杭大運河、世界最大の宮殿・紫禁城、世界一の人口の6つだという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「愛人が最も多いのも中国」
「パクリが一番多い国でもある」
「汚職役人が最も多いというのを忘れているぞ」

「ほら吹きだけは世界一」
「最もならず者で無頼者の国だ」
「世界で最もひどい制度なのが中国」

「自国民に対して最も厳しい扱いをする国だな」
「外国に対しては世界で一番寛大なんじゃないか」
「強固に抗議し強烈な不満を示すのが最も多いのが中国」

「最も家賃が高く、最も給料が低く、汚職役人は最も貪欲で、科学者は最も暇で、民度が最も低いというのも付け加えておこう」
「貨物取扱量世界一の上海港以外は何も誇れないと思う」
「海外旅行での消費額が世界一は全然誇れない。ほとんどが日本で消費しているんだろ」

「家が買えないこと、子どもを学校に通わせられないこと、大病を患うこともできないこと、老後が心配なことがとても誇らしい」
「私は農家ですが、何か誇れる理由をください」
「全然誇れない。むしろ恥ずかしい」(翻訳・編集/山中)