中国では反日感情のはけ口が日系車に向かう傾向があり、ネット上でも「日系車に乗っている中国人は売国奴だ」などとする批判をよく見かける。だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日系車を購入することが非愛国的な行為ならば、中国人が乗ることのできる車は限られる」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では反日感情のはけ口が日系車に向かう傾向があり、ネット上でも「日系車に乗っている中国人は売国奴だ」などとする批判をよく見かける。だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日系車を購入することが非愛国的な行為ならば、中国人が乗ることのできる車は限られる」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、中国ではさまざまな日本製品が販売されているものの、日系車だけが反日感情をめぐる槍玉に挙げられることに疑問を呈しつつ、「愛国心を理由に日系車を排斥するならば、アヘン戦争で清の国を打ち負かした英国や、第2次世界対戦で戦ったドイツ、イタリアも同様の対応が必要ではないか」と論じた。

 日系メーカー以外の自動車であっても、日本メーカーの部品はドイツ車などさまざまな国の車に採用されている。グローバル化が進んだ現在、日本メーカーの部品すらまったく搭載されていない車を中国で探すのは容易ではない。中国自主ブランド車であっても、エンジンは日本メーカー製であるケースが多い。

 記事は、「国籍」を理由に購入する自動車を選ぶことや、日系車を購入することと「愛国心」を結びつけることについて「ナンセンス」であるとの見方を示し、愛国とは自らの力を高めることであり、「何かを不買することではない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)