「インテグレート」(資生堂)と『JJ』(光文社)のコラボイベントに登場した寺本愛美 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 モデルの寺本愛美が14日、都内で行われたメイクブランド「インテグレート」(資生堂)と寺本が専属モデルを務めるファッション誌『JJ』(光文社)のコラボイベントに登場した。 “トーク中の撮影OK”とされていた同イベントだが、集まったファンは真剣に話に聞き入っていたためスマートフォンを向ける人がおらず、寺本は「誰もとってくれないんだもん…」とポツリ。その言葉に、会場は笑いが巻き起こった。

<写真>撮影OKなのに撮影されなかったトークイベントの様子

 イベントには『JJ』の原さやか編集長も登場し、寺本の専属モデル採用基準が“眉”だったことを告白。理想とする眉は「抜いておらず、すっぴんにした時にもきちんと生えている凛とした眉」と語り、「滝沢カレン、オードリー亜谷香、E-girlsの藤井姉妹などもそうです。眉は女らしさだったり知性だったりに繋がると思うんです。女性の印象を決める大事なパーツ」と力説した。

 そのほか、同イベントでは「この夏は自然でありながらメリハリのある眉毛がトレンド」と語る資生堂ヘア&メーキャップアーティストの中山夏子さんによる、『インテグレート ビューティートリックアイブロー』(21日発売)を使ったデモンストレーションも実施。ハイライトやノーズシャドウを駆使した小顔眉メイクのレクチャーが行われ、集まった女性たちは熱心に見入っていた。