伊勢志摩の海・山・里の旬の幸を生かしたメニュー

写真拡大

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(東京都港区)は、伊勢志摩サミット開催を記念したグルメプロモーション「日本を味わおう第5弾-伊勢・志摩」を7月14日まで開催している。

伊勢志摩サミット開催を記念してブッフェ評論家・グルメジャーナリストの東龍氏とコラボレーション。「シェフズ ライブ キッチン」料理長の佃氏が、自ら足を運んで厳選した伊勢・志摩の食材を使いメニューを作り上げた。期間中、伊勢・志摩の味をホテル内全レストランで楽しめる。

「シェフズ ライブ キッチン」では伊勢・志摩の食材を生かした前菜、温製料理、デザートが17種類ほど、定番メニューとともに並ぶ。郷土料理をベースに作り上げたパイ包みのスープ「コラーゲンたっぷり"あおさ海苔"と飛魚のスープ」、三重県産の鯵を色とりどりの野菜と共にマリネにした「三重県産 鰺のエスカベッシュ」など。

ヘルシーフレンチが味わえる「ラ・プロヴァンス」では、7種の味覚と彩り豊な旬の野菜が楽しめると評判の「パレット・アート・オードブル」にも伊勢・志摩の食材を使っている。