家庭用ゲーム機はどこまで進化するか(写真:アフロ)

写真拡大

 世界最大のコンピューターゲーム見本市といえば、1995年より米国で開催されている業界関係者向けの「E3(Electronic Entertainment Expo)」が有名だ。例年、大手ゲームメーカーによる新作披露の舞台となり、世界中のゲームファンからも注目の的だったが、ここ数年、E3への関心は薄れているのが実情だ。

 6月14日からロサンゼルスで始まった今年のE3も然り。ゲーム専門誌の記者がいう。

「かつては世界の主要ゲームメーカーが勢力を誇示するかのように、こぞって大きなブースを構え、会場を訪れる業界関係者やメディアの数も7万人を超えていた。それが近年では不参加を表明するメーカーも増え、E3自体の地位低下が叫ばれて久しい」

 今年はアメリカの大手ゲームソフト販売会社であるEA(エレクトロニック・アーツ)やActivision(アクティビジョン)、さらにはディズニーキャラクターのゲーム化ライセンス事業を手掛けるDisney Interactive(ディズニー・インタラクティブ)など名だたるメーカーが参加を見送った。

 なぜここまでE3は落ちぶれてしまったのか。エース経済研究所の安田秀樹氏は、こう分析する。

「アメリカで集中的に開催することに価値がなくなってきたといえます。以前のE3であれば、ゲームの最大市場であるアメリカから最新情報を流すことで、世界中に話題を振りまく効果がありました。しかし、最近ではインターネット動画も発達し、YouTubeで生中継を見ることだってできます。つまりE3の発信力が弱くなったのです。

 また、地域によってユーザーが欲しがるゲームの内容も違うため、アメリカ市場向けだけの情報を発信するよりも、それぞれの地域に合わせて広告効果を狙おうとする動きも出ています。日本やヨーロッパでもゲームショーは行われていますからね。

 そもそも、E3はその年の年末商戦に売るゲームの商談会という性格があるため、発売が年内に間に合わず、先々にズレ込みそうな最新ゲームを焦って発表しても、販売促進に繋がりにくい状況がありました」

 日本のメーカーでも、例えば任天堂はE3会場での大規模な発表をここ数年行っていない。同社は次世代の家庭用ゲーム機「NX(開発コード名)」の発売を公言しており、E3に合わせてその詳細を発表するのではないかとも見られていた。しかし、結局は何も明かされなかった。

「NXの発売は来年3月と予告しているので、発表は今年の秋以降になるだろう。任天堂にとって発売時期をE3や年末商戦に合わせることよりも、ハード機の生産体制を整え、ソフトの数を充実させることのほうが大事。販売の“機会ロス”を出さないよう万全の準備をしている」(任天堂関係者)

 一方、ハード陣営では米マイクロソフトとソニー・インタラクティブエンタテインメントが先進技術を駆使した新機種を発表したことで、E3の縮小傾向に歯止めがかかるのではないかとの期待もある。

 マイクロソフトは主力の家庭用ゲーム機『Xbox』で、高精細な4K画質や仮想現実(VR)に対応した次世代機を来年の年末商戦に向けて投入する計画を公表。その前段階として、4Kビデオの動画配信サービスなど新たな機能をつけた薄型の『Xbox・One・S』を今年8月に発売すると発表した。

 ソニーも、『PlayStation(プレイステーション)4』専用で仮想現実を体験することができるヘッドセット『プレイステーションVR』を今年10月より発売することをぶち上げた。

 だが、両社ともに今年勝負をかける機種は既存のハード・ソフトとの互換性も持たせた、いわば付随モデルであって、純粋な次世代機の戦いとは言い難い。前出の安田氏もこういう。

「マイクロソフトやソニーは、これまでのように5年サイクルで新型ゲーム機を出して1から販売合戦を繰り広げるというビジネスモデルからの転換を図っているようです。

 既存のゲーム機をある程度売ったら互換性を持たせた廉価版や上位モデルを出して、6年後ぐらいに最初に出した機種のサポートを打ち切る──そんなiPhoneのようなやり方に変えようとしているのかもしれません。

 これまではハード機の価格を下げて販売台数やスピードを落とさないようにする手も取れましたが、いまは半導体技術の低迷などで製造コストが下がりにくくなっています。現状価格のまま人気を固定化させるために、付加価値を持たせた新機能を追加していると言えます。

 そう考えると、各社とも新しいマシンを引っ提げて本格的な大勝負に出るのは来年以降になりそうです」(安田氏)

 手軽なスマホゲームに押されて人気も陰りがちな家庭用ゲーム機だが、大手各社の次世代機が揃えば、E3の注目度も全盛期並みに復活するかもしれない。