写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クオリカは6月14日、産業機械の遠隔監視・予防保全システム「CareQube」をリニューアルした「CareQube+」の販売を開始したことを発表した。

CareQubeは、情報収集端末を産業機械に装着することで、機械ごとの稼動データを収集し、携帯通信網で専用サーバへ自動的に転送し、遠隔にて稼働状況を監視することを可能とするもの。CareQube+では、NTTデータイントラマートが新たに開発したIoT基盤を採用することで、情報収集端末、携帯通信網、サーバ、アプリケーションのすべてをパッケージ化。ワークフローや文書管理などの保守・保全業務をモジュールとして活用することができるようになったため、業務内容に応じて付加していくことができるようになったという。

また、利用者ごとに見たい情報をまとめて表示できるダッシュボード機能などの機能や、外部センサデータの収集のみならず、CANやPLCからの機器内部の情報も収集することが可能だという。

なお同社では、CareQube+の活用により、コストセンターへ分類されがちな製造業の保守・保全業務において、稼働データを実業務へつなげることで業務の効率化や収益化を促し、他社との差別化を創出することを提案するとしている。

(小林行雄)