睡眠時無呼吸症のJR東日本の運転士 制限速度を30キロ超過し非常停止

ざっくり言うと

  • 13日、JR東日本の運転士が制限速度を30キロ前後超過し、非常停止させた
  • 速度超過には自ら気づき、乗客などの安全を確認し運転を再開したという
  • 運転士は睡眠時無呼吸症で、一時的な意識レベルの低下が原因とみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング