日本代表が初めて戦ったプロチーム、その50年前の秘話が明らかに!

写真拡大

『Daily Record』は「スターリング・アルビオンは、歴史的な日本への旅を誇りに思っている」という記事を掲載した。

1966年、スコットランドのスターリング・アルビオンは日本に招待され、駒沢陸上競技場で日本代表チームと対戦した。

これは英国のクラブとして初めて日本での試合を行ったものであり、こちらから見れば日本代表が初めてプロチームと対戦したという記念すべきものだった。

今年はそれから50周年を迎え、スターリング・アルビオンは先月28日から6週間の予定で日本展を開催している。

会場はスターリング・スミス・アートギャラリー&博物館で、貴重な写真や資料、記念品などが展示されているという。

この歴史的な旅について、当時を知る者達はこのように話しているとのことだ。

ジム・トムソン

(スターリング・アルビオン歴史家)

「英国のいかなるチームも日本でプレーしたことはなかった。したがって、招待は巨大な名誉だった。

もともとはシェフィールド・ウェンズデイが招待されていたのだが、彼らはそれを断ったのだ。

日本の当局は何らかの理由で、頭文字が『S』で英国のクラブという条件を決めた。

理由がなんであれ、スターリング・アルビオンは恩恵を受けたんだ。日本では初めてプレーしたプロクラブになったのは、我々の自慢である。

スコットランドのクラブとして初めて人工芝のグランドを使用したこと、1984年にセルカークを20-0で破り20世紀最大のスコアを達成したこととともにね。

スターリング・アルビオンは、当時トップディヴィジョンでセルティックやレンジャーズと戦っていた。

日本は1万ポンドのギャランティを提供してくれた。それは我々にとって大きなお金だった」

ジョン・オアー

(元スターリング・アルビオンFW)

「あのツアーの内容は本当に素晴らしかった。シェフィールド・ウェンズデイは、1966年のFAカップで準優勝して、日本に招待された。

しかし、何らかの理由でそれがダメになった。したがって、我々が招待されたんだ。おそらく、頭文字が同じ『S』だったからだと理解しているよ!

これは我々にとって大きな名誉だった。私は当時チームで最年少だったんだが、仲間の誰も海外に行ったものはいなかったんだ。目を見張る旅だったね。

日本はとても良くしてくれた。5つ星のホテルをあてがってくれて、贈り物も頂いた。そして、スシを見たのも初めてだったね」
ヘンリー・ホール

(元スターリング・アルビオンFW)

「あれはクラブにとってエキサイティングな時間だった。初めて日本でプレーする英国のクラブとなり、自分がその一員であれたことが、選手として本当に誇りだ。

我々は日本代表と2試合を戦い、勝利を収めた。日本には、我々が慣れ親しんでいるものとは全く違う文化があった。

私はそのとき学生だった。あれは人生で一度しかない経験だったね」

会場はこちら。

スコットランドを訪れる予定がある方は、こちらにも足を運んでみては?