13日放送の「7時にあいましょう」(TBS系)で北村晴男弁護士が、高野貴裕アナウンサーとの討論で怒号をあげる場面があった。

番組では「ケンカ!因縁!会ったら一触即発 第2弾」と題し、過去の因縁を持つ芸能人同士が、相手とのしこりを払拭するため再会した。その中で北村氏は、自身の娘・まりこの教育方針について、高野アナと激しいバトルを展開した。

事の発端は1年前、北村氏は番組の企画でまりこの大好きな物を次々と購入、そんな甘々親子に高野アナが噛みつき、教育方法にダメ出しをしたのだ。

当時のしこりを解消するため、高野アナと北村氏は対面を果たす。そこで高野アナは「あのとき1日で何十万円のプレゼントをお子さんに買い与えたんですよね。それは子どもにとっては嬉しいと思うんですよ。それでも、あの対応ってどうなのかなって」と苦言を呈した。

当時の番組で、高額の商品をプレゼントされたまりこは「あざ〜す!」「サンキュ!」と、軽いノリで父親の北村氏に接し、北村氏もまた、そうしたまりこの態度を注意することはなかった。

しかし、そのことを指摘された北村氏は「親が子どもにねだられて、買ってあげる場面を社会に受け入れてもらう?冗談じゃないよ、あんた!これはふたりの関係性なんだよ」と猛反論。

高野アナが親に対して「あざっす」と言う子どもは納得できないと話したが、その発言にも「バカタレが貴様!」と声を荒らげ「22年間分のおねだりをしたときに社会に受け入れられる?関係ない、そんなこと」と持論を語った。

また、女優を目指すというまりこの態度について、高野アナは間違っていることを指摘。「第三者のディレクターが見ていたら『次この子使おうかな』と思ったら、僕は使いたくない」とバッサリ。

北村氏が「そんなことはどうでもいいんだよ!」と声を張ると、高野アナは「(娘のことを)応援してないんですか?」と詰め寄る。すると、北村氏は「バカタレか貴様は!」「アホかお前は!」と再び怒号をあげ「素人の考えで余計なアドバイスする必要あるか?そんなことは関係ないんだよ」とマジギレ。

実は、この激しいやり取りをまりこは別室でモニタリングしていた。まりこはモニターを見ながら「すっげー揉めてる…」と軽い口調で漏らしていた。その後、ふたりの口論がヒートアップしているところに、まりこが仲裁に入った。

そしてまりこは、自身の振る舞いについて「これで大丈夫だと、スゴく根拠のない自信があるんですよね。申し訳ないですけど」と語った。これには高野アナも絶句し、北村氏は手を叩いて大ウケしていた。

【関連記事】
TBS「7時にあいましょう」でお詫び 藤田ニコルをめぐり「誤解を与える表現」
アンジャッシュの渡部建に店を潰されたという先輩芸人が恨み節を連発
坂上忍と北村晴男弁護士が討論で怒鳴り合い 共演者らを置き去りに