イライラ解消は寝る前に!「憂鬱な気持ちがスッキリする」ヨガストレッチ

写真拡大 (全5枚)

毎日忙しくしていれば、ストレスが溜まることもあります。そんなとき、解消法をいくつか持っておくと、イライラに引きずられて一日を棒に振ることがなくなりますよ。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、簡単に出来るストレス発散ヨガポーズをご紹介します。

■簡易「太陽礼拝」でストレス発散

深い呼吸を心がけながら、体全体を規則的に動かすことによって、気持ちを和らげたり高揚させたりする”セロトニン”が分泌されます。

呼吸と規則的な動きを繰り返すことによってストレス発散の効果があるのです。

(1)両足を揃え、気をつけの形で立ち“タダアサナ”のポーズをとります。お腹の奥を引き上げて腰がまっすぐになるように意識しましょう。yuukaさんイライラスッキリ(2)息を吸うタイミングで、お腹の奥を引き上げたまま両腕を頭上に上げて合掌します。yuukaさんイライラスッキリ(3)息を吐くタイミングで、両腕を前方に伸ばしながらひざを曲げ、しゃがんでいきます。yuukaさんイライラスッキリ(4)息を吸いながら前方に伸ばした両腕を後ろに回しながらひざを伸ばしていきます。息を吐きながら両腕を組み、上体を倒して前屈していきましょう。

太ももの裏がしっかり伸びているのが感じられる位置を探し、しっかり伸ばしましょう。yuukaさんイライラスッキリ

(5)自然な呼吸を続けながら、再び(4)の姿勢に戻りしゃがみます。

体が硬い人は、かかとが浮いてしまうので、両腕を床について支えてあげましょう

(6)息を吸うタイミングで両腕を頭上に上げながら立ち上がり。(2)のポーズに戻ります。

(7)息を吐きながら両腕を下ろし、(1)のポーズへ戻ります。

(8)5〜10回ほど繰り返します。

■ストレス発散の方法はいくつあってもいい!

体を動かしてスッキリする方法は即効性があって効果的です。けれど、どこでも出来るわけではありません。そんなときは“ストレス発散ができる呼吸法”も試してみてくださいね。

日中はしっかり体を動かすストレス発散法を。仕事中や就寝前などは呼吸法を。タイミングや状況に応じて使い分けてみましょう。

いかがでしたか? ストレスは知らない間に蓄積され体を蝕みます。ストレスを感じていると気付くことができる敏感さも、時には必要。

いつも自分の体や心の状態を気にかけてやり、ストレスを溜めないようにケアしていきましょう。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Zsolt Biczo / shutterstock