13日、香港の俳優アーロン・クォックとの交際発覚から話題の人となったモデルの方媛が、結婚について「まだそこまで考えていない」と語った。

写真拡大

2016年6月13日、香港の俳優アーロン・クォック(郭富城)との交際発覚から話題の人となったモデルの方媛(ファン・ユエン)が、結婚について「まだそこまで考えていない」と語った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

「香港四天王」の1人、アーロン・クォックが人気モデルで女優のリン・ホン(熊黛林)と7年間交際の末に破局し、その次に選んだのが中国人モデルの方媛だった。アーロン・クォックより約20歳下の方媛は、肩書きはモデルだが、実際はネット上の話題人物に過ぎなかった。また、2人が車内での手つなぎや食事の様子を中国版ツイッターで公開したため、「浮かれすぎ」「気持ちが悪い」とネットユーザーが猛批判。その後、アーロン・クォックが交際について語ることはなくなっている。

13日、アーロンとの交際で一躍話題の人となった方媛が、福建省アモイ市でイベントに出席。結婚について質問が向けられると、「まだそこまで考えていない。今は仕事第一なので」と語った。

交際が話題になった後も、方媛が上海の賃貸マンションに暮らし、車も持たず、仕事の時も付き人さえいない様子から、これまで何度も破局説が流れているが、真相は明らかになっていない。(翻訳・編集/Mathilda)