写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは13日、同ブランド初のパフォーマンスSUV「F-PACE」の本格受注を開始した。今回、受注を開始するのはディーゼルエンジン搭載モデル3車種とガソリンエンジン搭載モデル2車種で、納車開始は7月下旬を予定している。

「F-PACE」はジャガーの長い歴史で初のSUVとして開発された。ボディの80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造を採用し、ジャガーらしいドライビングパフォーマンスを実現している。

同モデルは、2015年11月に50台限定の特別仕様車「F-PACE ファースト・エディション」の受注を開始しているが、今回は一般モデルを本格的に受注開始する。モデルラインアップは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたインジニウム・ディーゼルエンジン搭載モデル3車種と、ガソリンエンジン搭載モデル2車種の計5車種となっている。

ディーゼルエンジンは最高出力180PSを発揮する2.0リットルの直列4気筒ターボで、ベーシックな「ピュア」、レザーシートなど装備を充実させた「プレステージ」、エクステリアをよりスポーティに仕上げた「R-SPORT」の3グレードがある。一方、ガソリンエンジンは3.0リットルのV6スーパーチャージャーで、最高出力は「R-SPORT」が340PS、「S」が380PS。価格は、ディーゼルエンジン搭載の「F-PACE ピュア」が639万円、「F-PACE プレステージ」が663万円、「F-PACE R-SPORT」が728万円。ガソリンエンジン搭載の「F-PACE R-SPORT」が849万円、「F-PACE S」が981万円(価格はすべて税込)。

(山津正明)