6月13日(月)

今日はル・マンの街を探索してきました! ル・マンの街を歩くと、興味深いものがたくさん!!  レースに関係しているものから、女子必見のショッピングセンターまでたっぷりとご紹介します。

1

一番印象的だったのは、サン・ニコラス広場にあるThe winner’s handprints。ル・マン24時間レースのモニュメントがあり、その周りには、歴代ル・マンウィナーの手形プレートが埋め込まれているのです!

モニュメントの裏にも手形がありました。ル・マンで6度の優勝経験をもつジャッキー・イクスは、唯一の足型付きです。さすが「ル・マンのキング」、貫禄がありますね。


日本人の名前も発見! 1995年マクラーレンF1 GTRで日本人初の総合優勝を果たした関谷正徳さんと、2004年にチーム郷のアウディ・R8で、日本人では2人目となる総合優勝を果たした荒聖治さんです。たくさんあるプレートの中に、日本のドライバーの手形があるって凄い!

おや、手形と一緒に拳もありますね。誰の拳でしょうか。チームの個性が出ておもしろいですね。

手形があるとついやりたくなってしまう、自分の手との大きさ比べ。スーパーフォーミュラにも参戦し、日本でも人気の高いアウディのアンドレ・ロッテラー選手と比べてみましたが、ひとまわり以上大きい! 手形にもかかわらず、なぜかドキドキしちゃいました(笑)。

プレートは優勝から1年後に設置されるようなんですが、ちょうど、昨年のウィナーの手形プレートが埋め込まれているシーンに遭遇! ラッキー! と思ったのですが、お披露目開始時間になるまで見せないという徹底っぷり。お披露目開始時間までいる事ができなかったので、ここでは昨年のウィナーの手形テンプレートは見る事叶わず・・・(涙)。でもまだ帰国するわけではありません。明日以降、ここに来て新たなプレートを確認したいです。

ル・マンに来て必ず訪れてほしいのが、ル・マン・レジェンドカフェ。公開車検のあったリパブリック広場から徒歩約3分の場所にあります。

店内には歴代のル・マンお宝グッズがずらり。まるでミュージアムのようでした! ドライバーのサインもいくつかあったので、ドライバーも来たことがあるのでしょうか?

バイクの上に机がのっていて、かっこいい! メニューを見て驚いたのがサラダの名前です。なんと、有名なサーキットの名前になっているではありませんか! 何年か前までは、鈴鹿サーキットの名前もあったそうですよ。

店内の雰囲気はもちろん、食事も最高でした。私は、レジェンドバーガーを注文。口に入れるのが大変なくらい。気になるお味は見た目の大きさと違って大味でなく、お肉そのものの味がしっかりと伝わってきて、日本で食べるハンバーガーとはかなり違っています。大きなハンバーガーでしたが美味しくてぺろりと完食しました。もちろん、ポテトも全部食べました!

イケメン店員さんもいます。しかも、親切で優しいんです! ル・マンに来たらぜひ訪れてほしいおススメの場所です。

街中を歩いていると、可愛いお店がたくさん。こちらはお菓子屋さんなのですが、クッキーの缶に過去のル・マンのレースの写真がプリントされているなど、地元ならではのお菓子がありました。

私が一番興奮したのが、ローマ時代や中世の面影が色濃く残るル・マン市の街並みです。

一歩通りに入ると別世界! 物語の世界に入ったかのような感覚です。でも、何百年も前から本当に存在していたんですもんね。ヨーロッパの歴史を知ることができる、最高の場所です。感動しますよ!

また、ル・マンはローマ時代の城壁に囲まれている街で、崖に建物を作ったのだそうです。

大きなトンネルがありました。このトンネルが城壁の中へ入ることができる通路。城壁で囲まれているのが実感するところです。トンネルの先には一体何があるのでしょうか・・・。

トンネルを出ると、まるでお城のような大きな建物がそびえたっています。実はこれ、お城ではなく11世紀〜15世紀に建てられたサン・ジュリアン大聖堂なのです。

 

中に入ってびっくりしたのが、天井の高さ。また、ステンドグラスもとてもキレイで見とれてしまいました。ここでも中世の歴史を感じることができます。

 

女子が気になる、ショッピング事情。ジャコバン広場のすぐ近くにある、les JAcobinsというショッピングモールを発見しました! 洋服屋さんをはじめ、靴屋さん雑貨屋さんなど様々な店舗が入っていましたよ。お店の方も親切で、楽しく買い物できました。

街を歩くだけでも楽しくて治安も悪くなく、とても過ごしやすいル・マンですが、レースウィーク中だけではなく手形モニュメントやレジェンドカフェなどが常にあり、地元の人にル・マン24時間レースがいかに愛されてきたかが分かりました。そしてレースとともにある、ル・マンの街が大好きになりました!

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.6】女性を虜にする歴史!グルメ!ショッピング!レースを楽しむだけでないル・マンは魅力がいっぱい!!(http://clicccar.com/2016/06/14/378375/)