セミナーには300人を超える人が集まった

写真拡大

株式でも、投資信託でもない、東京金融取引所の「くりっく株365」(取引所株価指数証拠金取引)に、NYダウ証拠金取引が、2016年6月27日に新たに加わる。

預金金利はほぼゼロ、株価もさえない。どうやって資産を殖やせばいいのかと頭を痛めている人は少なくない。外国為替証拠金取引を行うマネースクウェア・ジャパン(M2J)が6月11日に開いた「『株価指数』ではじめる資産運用〜日経225証拠金取引・NYダウ証拠金取引スタート記念セミナー」には、300人を超える人が集まり、関心の高さをうかがわせた。

実践的にNYダウ攻略をアドバイス!

同セミナーは、第1部が「基礎から学ぶ株価指数CFD(差金決済取引)」をテーマに、M2Jコンサルタントの小暮祐輝氏が株価指数CFDの金融商品としての魅力や取引の仕組みや指数の特徴など、株価指数CFDの基礎から実践まで、取引に役立つ知識などを解説した。

第2部はファンドマネージャーの西山孝四郎氏を講師に招いて、「2016年後半のマーケット見通し」について読み解いたほか、第3部の「本音で対談! スペシャル・ディスカッション」では、西山氏とM2Jシニアコンサルタントの比嘉洋氏が、目先のイベント(日米政策会合と英国のEUめぐる国民投票の行方)に対する見方を紹介した後、株価指数証拠金取引についてアドバイスした。

特設の口座開設コーナーが設けられたセミナー会場では、新たに口座を申し込む人が列をつくった。