14日、韓国広報専門家の徐敬徳誠信女子大教授は「京都府宇治市ウトロ地区に歴史記念館を建設するための韓国ネットユーザーらの募金を同地区に届けた」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年6月14日、韓国・毎日経済によると、韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は同日、「京都府宇治市ウトロ地区に歴史記念館を建設するための韓国ネットユーザーらの募金を同地区に届けた」と明らかにした。

昨年、韓国MBCのバラエティー番組「無限挑戦」が端島(軍艦島)や高島炭鉱、ウトロ地区を紹介し、大きな反響を呼んだ。番組終了後、徐教授は高島炭鉱の供養塔に続く道を整備するための募金を提案し、多くのネットユーザーが賛同した。徐教授は「昨年集めた募金1800万ウォン(約160万円)のうちの半分は供養塔に続く道を整備するために使い、残りはウトロ地区にある在日韓国人生活センターに届けた」と明らかにした。その上で、「6月末にウトロ地区は撤去され、昔の姿は消えてしまう。ウトロ地区の住民のつらい気持ちを少しでも癒そうと募金を直接届けてきた」と話した。

現在、ウトロ地区の歴史記念館についての具体的な建設費用は決まっていない。しかし、敷地は確保されているため、韓国の建築家と住民らは共に構想を練り、年内には具体的な計画案を発表する予定だという。

徐教授は「強制徴用の歴史を消そうとする日本に対抗する意味でも、ウトロ地区への歴史記念館建設は大きな象徴性を持っている」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「政府ができないことをバラエティー番組がしてくれている」
「徐教授を見るたびに思う。もし彼が日本植民地時代に生まれていたら、間違いなく独立軍として生きただろう」

「『無限挑戦』は素晴らしい番組だ。徐教授の努力にも感謝」
「彼は先日、支援物品を横領した疑いで訴えられていたよね?イメージ回復を狙っているのか?」

「徐教授を信じられない。まずは横領容疑を晴らしてほしい」

「彼が募金を呼び掛けた時、『僕にお金をください』と言っているようにしか見えなかった」
「日本に日本の侵略戦争を知らせる記念館を建てる?常識的に考えて不可能だ」(翻訳・編集/堂本)