落合陽一も参戦! 6月27日、CHA歴代グランプリ受賞者が「ハックの技法」を語り尽くす

写真拡大

『WIRED』が主催する「CREATIVE HACK AWARD」では、毎年、アワードへの応募を検討する方々へ向けたオープンセミナーを随時開催している。2016年の第1回目は、歴代グランプリ受賞者3人によるオープンセミナー。映像作家、研究者、メディアアーティストの3名は、それぞれいかなるクリエイティヴで「既成概念をハック」したのか。その技法を解き明かすオープンセミナーが、6月27日に開催決定![イヴェントは満席のため募集終了しました]

「落合陽一も参戦! 6月27日、CHA歴代グランプリ受賞者が「ハックの技法」を語り尽くす」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています。(応募締め切りは16年9月30日)6月27日(月)には、「CREATIVE HACK AWARD 2016 オープンセミナー #1」を開催します。

「既成概念をハックせよ!」

そんな挑戦的な命題を旗印とするのが、「CREATIVE HACK AWARD」(CHA)。「野心的なヴィジョン」と「国や地域にとらわれずに活動するためのビジネスマインド」を重視する、次世代クリエイターのためのアワードとして2013年にスタートしたCHAは、これまで3人のグランプリ受賞者を輩出している。山田智和(映像作家)、山岡潤一(研究者/アーティスト)、そして落合陽一(研究者/メディアアーティスト)である。

映像作品「47 Seconds」で記念すべき第1回目のグランプリを受賞した山田智和は、受賞を足がかりに、CMやMVの世界で活躍するチャンスを得た。特に水曜日のカンパネラやサカナクションとのコラボレーションは継続的に続いており、映像業界における山田の知名度を、飛躍的に向上させる結果となった。

yamadatomokazu

「Vコン担当だったのがテレビCMの監督になって、インディーズバンドのMVだったのがメジャーバンドになって…というだけで、やっていること自体は変わっていないと思っています。この『やり続けること』がいちばん難しくて、今後規模が大きくなればなるほど、難しくなるのかもしれないなと思っています」(山田智和/上写真左から4番目)

第2回目のグランプリを獲得した山岡潤一は、コンピューターグラフィックスの幾何学形状を物理的に再現するキネティックな構造体「Morphing Cube」で、栄冠を勝ち取った。

その後、CHAの審査員である齋藤精一(ライゾマティクス)がメディアアートディレクターを務めた「六本木アートナイト2015」に招待され作品展示の機会を得たことは、彼にとって大きなステップとなったはずだ。山岡は今年、CGの国際会議/展示会としては最高峰というべきSIGGRAPHにて作品展示を行うという。

yamaokajunichi

「作品に対して審査員の方々からコメントをいただけたり、大勢の前でビジネスピッチをする機会をもらえたというのも、なかなか体験できない貴重なことだと思います。ぜひ作品を応募して、その権利を掴まえてほしいと思います」(山岡潤一/PHOTOGRAPH BY KAORI NISHIDA)

そして昨年のグランプリは、「現代の魔法使い」こと落合陽一。フェムト秒(10の-15乗秒)の単位でプラズマを発火させ、触覚ある映像を空中に浮かせる「Fairy Lights in Femtoseconds」は、CHAというアワードの存在意義を、次のフェイズへと押し上げる力に満ちていた。

ochiaiyosuke

現在は筑波大学で助教を務める落合。「普通、こうしたアワードへの挑戦は、遠慮して、学生さんだけにやらせるものですけど、それもちょっとしゃくだから勝負してみようと思ったんです(笑)。ぼくの元指導教官の東大の暦本純一先生も、前にどこかのハッカソンに自分で応募してグランプリとって賞金もらっていたから、そういうのもあってもいいかなと」(落合陽一/PHOTOGRAPH BY SAM BLAND)

そんな3人のグランプリ受賞者を招いたオープンセミナーが、6月27日(月)に開催される。場所は、アークヒルズにあるWIRED Lab.。

「いかにして既成概念をハックしたのか?」「CHAグランプリ受賞が、その後の活動に及ぼした影響は?」「副賞として得たCREATIVE HACK TOURで摑んだことは?」「今後は、なにをハックしていく?」…。

次世代のクリエイティヴを担う3人の言葉には、「いかにして既成概念をハックするか」という、クリエイティヴな思考をするうえでは欠かせない技法がちりばめられているはずだ。その言葉は、CHAへの応募を考えている方々はもちろん、「日常からいかにしてブレイクスルーを導き出すか」という課題をもつ多くの方々にも、なにかしらの気づきを与えてくれることだろう。またとない機会へ、どうかふるってご参加を!


CREATIVE HACK AWARD 2016 オープンセミナー #1

>>イヴェントに申し込む(満席のため)

開催日時
6月27日(月)19:30〜21:00(19:00開場)

会場
WIRED Lab.
東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場
最寄り駅:東京メトロ南北線 六本木一丁目駅(3番出口)から徒歩2分
東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分

参加費
無料

定員
40名(先着順)

登壇者プロフィール
山田智和 | TOMOKAZU YAMADA
1987年東京都生まれ。映像作家・映画監督。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。クリエイティブチーム「Tokyo Film」を主宰。映画、 MV、TVCMを中心にディレクションを行う。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした表現が特色。CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞、ニューヨークフェスティバル2014銀賞受賞、GR Short Movie Awardグランプリ受賞。tomokazuyamada.com

山岡潤一|JUNICHI YAMAOKA
1988年生まれ。研究者/アーティスト。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)。 手作業などの創造活動を支援するファブリケーションツールの開発や、ヴァーチャルリアリティなどにかんする研究に従事。CREATIVE HACK AWARD 2014 グランプリ受賞 、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD 2014 デザイン部門準グランプリなど。junichiyamaoka.net

落合陽一︱YOICHI OCHIAI
1987年東京都生まれ。メディアアーティスト/研究者。東京大学大学院学際情報学博士課程修了。筑波大学大学院助教。デジタルネイチャー研究室主宰。ものを動かす概念を変え、現実世界の書き換えをするべく光、電場、空気場、音、磁場、電波、超伝導といった「場」のコントロールを研究領域としている。96ochiai.ws