9月12日生まれの乙女座はピュアで清楚なお嬢様!? 運命のデーク占い【乙女座編】

写真拡大

――同じ牡羊座でも、3月生まれと4月生まれでは、なんだか印象が違う。そんなふうに思ったことはないですか? こうしたことにスポットを当てたのが、古代占星術の「デーク占い」です。デークとは、1つの星座を3分割し、それぞれに副支配星をもたせる手法のこと。支配星に副支配星が加わることで、ひとつの星座内に3つのキャラクターが誕生することになり、より詳細な性格分類が可能になります。

【運命のデーク占い】バックナンバーはこちら

 今回は、乙女座についてご紹介します。

<第6回 乙女座>

★乙女座データ
・期間……8月23日〜9月22日
・支配星……水星

<デーク>
・第1デーク……8月23日〜8月31日生まれ(副支配性・水星)
・第2デーク……9月1日〜9月11日生まれ(副支配性・土星)
・第3デーク……9月12日〜9月22日生まれ(副支配性・金星)

 理性と思考の星・水星を支配星に持つ乙女座は、理知的で器用で分析的なタイプ。実際的な現実処理能力に優れ、社会人として非常に有能です。また、地の星座らしく、身体感覚が優れていて官能的な一面も。このベースとなるキャラクターに副支配星の性質がプラスされることで、乙女座のプロフィールがさらに詳しくなります。

■第1デークの乙女座……賢くて繊細! 優等生タイプの乙女座
 知性の星・水星が支配星にして副支配星でもある第1デークの乙女座は、鋭敏な頭脳と論理的な思考の持ち主。弁も立つので、比較的、自分の思い通りに物ごとを進めやすいタイプです。ただ、内面は非常に繊細で心配症。ささいなことでも敏感に感じ取り、ちょっとしたことにクヨクヨ悩んでしまいやすい傾向があります。誰からもツッコミを入れられない完璧な自分を演じることがプライドで、優等生的存在になりやすいでしょう。恋愛では、駆け引き上手の才を発揮して、つねに有利な立場を獲得できそう。

<最高の相性>
 4月21日〜4月30日生まれの人、12月22日〜12月31日生まれの人とは出会った瞬間、惹かれ合いそう。あなたが無意識のうちに求めているものを与えてくれる相手です。

■第2デークの乙女座……用意周到! 有能な乙女座
 第2デークの乙女座は、支配星・水星の知性に、副支配星・土星の堅実性が加わるため、「確実に結果を出す」有能なタイプになりがち。何をするにもキッチリ計画を立て、用意周到に進めていくでしょう。少々融通が利かないところが問題になることもありますが、それでも際立った着実性で社会的な地盤をしっかり固めていけるはずです。一方、恋愛では副支配星・土星の悲観主義が影を落とすため、あまりパッとしない暗示。傷つくことを恐れていてはチャンスを逃がしてしまいます。体当たりでぶつかる勇気をもって。

<最高の相性>
 5月1日〜5月10日生まれの人、1月1日〜1月10日生まれの人とは、お互いに利益をもたらし合う関係。幸せなバランスを保てそう。

■第3デークの乙女座……ピュアで清楚! お嬢様系の乙女座
 支配星・水星に加え、魅惑の星・金星を副支配星に持つ第3デークの乙女座は、緻密な頭脳とロマンティックなハートを持つ、深窓の令嬢タイプ。いくつになってもピュアで清楚な雰囲気を失わず、世間知らずのお嬢様然としていそう。そのため、お嫁さんにしたい候補ナンバーワンの座に輝くことも。とはいえ、根は理屈っぽく批判精神旺盛な乙女座。しれっと毒舌を吐いたりして、時々周囲にショックを与えたりも。恋愛は、モテオーラのおかげで苦労知らずの傾向。上品にワガママを言い放ちそう。

<最高の相性>
 5月11日〜5月20日生まれの人、1月11日〜1月20日生まれの人とは意気投合し、互いを励まし合う関係に。一緒にいることでラッキーな出来事に遭遇しやすくなることも。

 乙女座といっても、副支配星が変わることで、「優等生タイプ」「有能なしっかり者」「お嬢様キャラ」といった、3つのキャラクターに分類されるのですね。次回は、天秤座をお送りします。
(月星七海)