写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●新しい転換点を迎えつつある
米Hewlett Packard Enterpriseは6月7日から3日間、年次イベント「HPE Discover」を米ラスベガスで開催している。2015年秋にPC事業との分社化が完了、HPEとして初の米国でのDiscover開催となった。初日の7日、会場に集まった1万1000人の顧客とパートナーを前に、CEOのMeg Whitman氏は「デジタルトランスフォーメーション」を呼びかけ、クラウド、ストレージ、管理などで新製品を発表した。

デジタルトランスフォーメーションとはデジタルを利用してITとオペレーション、ビジネスモデルを変革することだ。デジタル化はいま始まったことではなく、Whitman氏は1951年にメインフレームを導入した米国勢調査局を初期の例に挙げた。当時との違いはスピードだ。緩やかに進行してきたデジタルへの移行は、スマートフォンなどモバイルのトレンドを受けてここ5年で一気に加速している。

デジタルが起こす革命が「新しい転換点を迎えつつある」とWhitman氏、アプリケーションの変更、データ分析などこれまでとは異なるレベルの柔軟性とアジャイルさが要求されており、これに対するHPEの回答が2015年末に開催された「HPE Discover London」で発表したコンポーザブル「HPE Synergy」だ。「デジタル時代、インフラの重要性がさらに高まっている。現在多くを占める伝統的なITから、個々の企業のニーズにあわせてマルチクラウド環境への移行を支援する」とWhitman氏はコンポーザブルインフラのメリットを説いた。

搭乗券がモバイルになり、スマートフォンで送金が可能となり・・・、デジタルは日常のさまざまなものを変革している。米国では秋の大統領選に向けて選挙運動が盛んだが、選挙も変わりつつある。現職のオバマ大統領は2008年の大統領選で高度な技術を使って投票者を分析し、ある程度パーソナライズされた方法で支持者とエンゲージした、とWhitman氏。2012年の再選時にはTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを経由して直接有権者とつながった。

「デジタル技術によりビジネス、政治とさまざまな世界で市民や顧客の体験が変わる」(Whitman氏)

小さなメリットや変化だけではない。Whitman氏は医療分野を挙げ、「医師が遺伝情報にアクセスすることで、その人にあった医療サービスを提供したり、医学的決定ができる。これは実に大きな変化になる」と述べた。

たとえば、ニューヨークにあるNew York Genome Centerは、毎日12テラバイト級のデータを生成しているが、HPEの分析技術「HPE Vertica」を利用してユーザーである医師のニーズに合わせて解析しているという。

HPEは、1)ハイブリッドインフラへ向けた変革、2)デジタルエンタープライズの保護、3)職場の生産性向上、4)データ志向経営の組織、と4つの技術分野でデジタルへの変革を推進している。PC・プリンタ事業と別れた後、エンタープライズ事業のミッションは「この4つを顧客に提供し、顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援すること」とWhitman氏、「IT体験を変革し、ビジネスと開発者のイノベーションを加速し、さらに組織をスマートにする。それだけでなく、まったく新しい体験の構築も支援する」と続けた。

●ストレージなどの分野で新製品を発表
この日、HPEはクラウド、ストレージなどの分野で新製品を発表した。

クラウドではHPEは2015年にパブリッククラウド事業から撤退を発表しており、現在「Helion」ブランドの下でハイブリッドクラウドを実現する製品を提供している。HPEでエグゼクティブバイスプレジデント兼エンタープライズグループ ゼネラルマネージャを務めるAntonio Neri氏は、「クラウドはそのままでは使えない。現実はハイブリッドであり、企業のアプリケーションはすべて異なる。特定のニーズに合わせ、既存のITインフラとクラウドを組み合わせた”適切なミックス(組み合わせ)”が必要だ」と述べる。HPE Discoverでは適切なミックスをすぐに使えるようにするために、「Helion Cloud Suite」「Helion CloudSystem 10」「Helion Stackato 4.0」などを発表した。

中でも、Helion Cloud Suiteは既存のオンプレミス、クラウドとさまざまな環境で、仮想化、クラウドネイティブ、コンテナなどさまざまなアプリケーションを配信・管理できる新しいスイートとなる。また、Helion Stackatoは2015年夏に買収したPaaS技術、Stackatoの最新版となる。Cloud FoundryをベースにDockerベースのコンテナ技術を統合することで、クラウドネイティブアプリを迅速に構築、実装、配信できる。VMware、OpenStack、Azureなどマルチクラウド環境に対応できる点も強調した。

コンポーザブルインフラ関連では、システム管理の最新版「OneView 3.0」を発表した。「HPE ProLiant」「HPE BladeSystem」「HPE 3PAR StoreServ」「HPE Hyper Converged」に加えて、「HPE Synergy」も対象となり、これらのインフラをソフトウェア定義で管理できる。最新版ではグローバルダッシュボードとして、一元的に管理できる画面を導入、「数千ものシステムを一目で把握でき、管理を簡素化する」とストレージ分野を統括するManish Goel氏(ストレージ担当ゼネラルマネージャ)は語った。

HPEは会期中、オールフラッシュアレイの「HPE 3PAR StoreServ」シリーズで7.68TBと15.36TBのNAND SSDのサポートを加えたことも発表している。

新製品はなかったものの、「デジタルトランスフォーメーションの鍵を握る土台技術」(Whitman氏)というセキュリティ分野についても、エグゼクティブバイスプレジデント兼エンタープライズサービス ゼネラルマネージャMike Nefkins氏が説明した。

「攻撃は高度化しており、より強調され、高速になった。かつてのように孤独なハッカーが一人で行うのではなく、潤沢な資金を持つ組織が、収益または機密情報へのアクセスを目的に行っている」とNefkins氏。これに加えて、内部の脅威も増えており、セキュリティを取り巻く状況は複雑になっている。

HPEは5000人以上のセキュリティプロフェッショナルを抱えており、世界10箇所にセキュリティオペレーションセンター(SOCs)を抱える。侵入を検出するのに要する時間は11.8分、インシデントの92%は2時間内に解決できる、と胸を張る。

顧客にはMicrosoft、米国防省などがおり、大手ソフトウェアベンダー10社中9社、大手金融機関の多くも顧客という。この日は「HPE Arcsight」「HPE Fortify」などを利用しているというMicrosoftの最高セキュリティ責任者(CISO)、Bret Arsenault氏が登場し、「可能性からみると低いが、インパクトが大きい」というランサムウェアなど、セキュリティトレンドに触れた。

Whitman氏は最後に、デジタルトランスフォーメーションは「選択肢ではなく、必須」「将来ではなく、いま」と会場に呼びかけた。大きな変化ではなく、小さな変化を重ねて達成するものであり、HPEはそれを支援すると約束した。

(末岡洋子)