日本最多1,000品種が咲き誇る「あじさい祭」長崎ハウステンボスで、虹色の「レインボーアジサイ」も

写真拡大

日本最多1,000品種が咲き誇る「あじさい祭」が、長崎・ハウステンボスで開催。

[ この記事の画像をもっと見る ]

見どころは、摩訶不思議な虹色の「レインボーアジサイ」だ。イエローやピンクなどに染まったあじさいは、これまで見たことないほどに色鮮やか。

また、約200mの散策路「あじさいロード」には、斜面いっぱいにあじさいが咲き誇り、夜になるとアーティスト・CHIKAKENによる約400本の竹を使った竹あかりとあじさいによる幻想的な空間が広がる。

一方でアムステルダム広場では、生演奏とホテルシェフ監修の料理を味わいながら鑑賞することが可能。あじさいをモチーフにしたメニューも用意される予定だ。

さらに、2016年6月18日(土)から7月19日(火)までの間は、日本最多300品種が並ぶ「大ゆり展」を開催。日本最大級のゆりタワーやアレンジメント作品も展示され、ゆりを使った生け花展を行われる予定だ。

【詳細】
■あじさい祭
開催期間:2016年6月4日(土)〜7月4日(月)
場所:ハウステンボス
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1

■大ゆり展
開催期間:2016年6月18日(土)〜7月19日(火)