6月13日(月)付けの女子世界ランキングが発表され、メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」を制したカナダの18歳、ブルック・ヘンダーソンが2ランクアップの2位に浮上した。
ヘンダーソン、初日にエースで藍らとハイタッチ!
 首位はヘンダーソンにプレーオフで敗れた19歳のリディア・コ(ニュージーランド)が堅守。この大会で殿堂入りを決めたインビーパーク(韓国)は予選落ちを喫し、3位に順位を下げた。同大会で3位に入ったアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は前週の10位から7位にランクアップした。
 7月11日の時点でこのランキングの上位2名が日本代表としてリオ五輪に選出されるが、一番手は野村敏京がしっかりとキープ。先週まで2番手につけていた宮里美香が2つ順位を落し、42位に後退し3番手に。背中痛で2週連続試合に出なかった大山志保が41位で2番手となった。
 2人のポイント差はわずかに0.01、4番手の渡邉彩香も前週からランクは2つ落し45位に後退したが大山との差は0.11と僅差。決定まで1ヶ月を切ったが、2番手争いの行方は依然として混沌としている。

【女子世界ランキングTOP10】
1位:リディア・コ(13.97pt)
2位:ブルック・ヘンダーソン(8.83pt)
3位:インビー・パーク(8.23pt)
4位:レクシー・トンプソン(7.58pt)
5位:キム・セヨン(6.31pt)
6位:チョン・インジ(6.02pt)
7位:アリヤ・ジュタヌガーン(5.96pt)
8位:エイミー・ヤン(5.82pt)
9位:ステイシー・ルイス(5.77pt)
10位:ハナ・ジャン(5.74pt)
16位:イ・ボミ(4.23pt)
22位:野村敏京(3.33pt)
41位:大山志保(2.08pt)
42位:宮里美香(2.07pt)
45位:渡邉彩香(1.97pt)
62位:鈴木愛(1.69pt)
64位:上田桃子(1.63pt)
67位:菊地絵理香(1.59pt)
80位:宮里藍(1.34pt)
81位:横峯さくら(1.34pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>