韓国メーカーの自動車は日本ではまず見かけることがない。しかし、米国では消費者から高い支持を得ているようだ。韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版はこのほど、米国で行われた消費者満足度調査で起亜自動車がトップに選ばれたことを伝え、起亜自動車の快挙について報じた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 韓国メーカーの自動車は日本ではまず見かけることがない。しかし、米国では消費者から高い支持を得ているようだ。韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版はこのほど、米国で行われた消費者満足度調査で起亜自動車がトップに選ばれたことを伝え、起亜自動車の快挙について報じた。

 記事によると、米国の調査会社が先日発表した消費者満足度調査で、現代自動車傘下の起亜自動車が一般ブランド部門で1位に選ばれ、高級ブランド部門で1位を獲得した米国電気自動車メーカーのテスラ・モーターズとともに「消費者満足度で最高のブランドに選ばれた」という。
 
 今回調査を実施したのは、米国の自動車専門調査会社・オートパシフィックで、毎年行われている同調査について記事は「一定の権威があり、米国では新車購入時の基準にされている」と紹介。信頼性の高い調査で1位になったことが大変誇らしい様子だ。

 今年のオートパシフィックによる調査は、2015年と16年型モデルの購入者6万5000人を対象にしたもので、計50項目にわたる内容で調査が行われた。16年の結果について記事は、起亜自動車は2位を16ポイントも上回って首位になったと説明した。。オートパシフィックの消費者満足度調査で、韓国メーカーが1位になるのは09年に現代自動車が選ばれて以来7年ぶりとのことで、韓国自動車メーカーにとっては久々の快挙となる。2010年から去年までの1位は米国メーカーに占められていたことも伝え、今回1位になったことの意義を強調した。

 日本市場からの撤退に続き、中国でも最近は販売台数が伸び悩んでいた韓国の自動車メーカーにとって米国の消費者から高い評価を得たことは大きな自信につながるものと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)