ニャンコもまっしぐらやで♪ たい焼きとフランスのお菓子「ミルリトン」が合体した不思議系スイーツを食べたぁ〜い!

写真拡大

毎日、鉄板の上で焼かれてイヤになっちゃう和菓子といえばたい焼きです。餡の入った素朴な味が定番ですが、今では “変わり種” のたい焼きも数多く販売されています。

ただいま、大阪の千里阪急ホテルとホテル阪急エキスポパークにて、これまた変わったたい焼きが売られているようです。たい焼きと、フランスの伝統菓子がコラボしたのだとか、なんだかおいしそうだし食べたぁ〜い♪

【これがフランス風のたい焼きですか!?】

8月31日(水)まで販売される「食べ鯛」は、世界料理オリンピック金賞受賞パティシエの窪田秀樹さんの新作スイーツ。

和と洋のコラボをテーマに、フランスの伝統菓子「ミルリトン」とたい焼きを組み合わせたものだそうです。価格は400円(税込)。

パイの中に餡とリンゴのシロップ煮を入れて、その上からアーモンド風味の卵生地を流して焼き上げているのだとか。

表面に描かれたダサかわいい魚のイラストをよく見ると、ヒレの部分にニャンコの足跡を発見! あら、まあ、ニャンコがお魚に飛びついたみたいやん!

パイの中に餡とリンゴのシロップ煮、さらにアーモンド風味の生地……それ、絶対においしいやつ。鯛のカタチじゃないけど、フランス風のたい焼き、食べたぁ〜い♪

参照元:アットプレス
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る