腕を失ったTattooアーティスト、義手にTattooマシンを装着して実際に彫る動画を公開

写真拡大

右腕を失ったタトゥーアーティストが、タトゥーマシンを義手に装着して、実際にタトゥーを彫る映像を公開しています。タトゥーマシンには必要な装備一式が内蔵されており、見た目はスチームパンク風。生身の腕さながらに滑らかな施術が実現されています。フランスのリヨンに住むタトゥーアーティストのJC Sheitan Tenet氏は22年前に腕を失いましたが、 技師のJean-Louis Gonzalez氏から義手に付けられるタトゥーマシンが贈られました。最初の試作機は動かせる彫刻に過ぎませんでしたが、人々の反応を見て、実際に生身の腕に匹敵するタトゥー手術ができるツールに仕上げたとのこと。



タトウーマシンは電動ミシンとレコードプレイヤーの部品により製作されており、JC氏が今まで使っていた義手に装着できるように設計されているとか。さらに楽に使えるように軽量化され、腕を360度自由に動かせる上に、電源コードも施術の邪魔にならないように工夫されています。

このタトゥーマシンは完成形ではなく、開発途中のプロトタイプに過ぎないとのこと。現状では肩で動かしていますが、ゆくゆくは五指の動きも再現し、本物の腕を上回るツールに進化させたいと抱負が語られています。